The Paris Reunion Band

Hot_Licks_PUB.jpgHot Licks ★★★★
Label: Sonet SNTF-1002 LP
Date: Nov 27,28 1987
Personnel: Nathan Davis(ss, ts), Joe Henderson(ts), Guy Barker(tp), Woody Shaw (tp), Nat Adderley(cor), Curtis Fuller(tb), Kenny Drew(p), Jimmy Woode(b, vo), Idris Muhammad(ds)
Music: Jeannine, I Don't Want Nothin', Hot Licks, Announcement By Nat Adderley, Rue Chaptal, The Old Country, Yesterdays, Driftin'
Tag: other_group


餌箱の中をパっパッパーと、知ったジャケットはほぼ素通しするが、見慣れないジャケットでは一瞬手が止まる。
ここまではレコード・ゲッターであれば誰も同じだがtam.raはここからが違う。 見るも無惨な手抜きジャケットにはファイトが湧くのだ。 本盤もそんな1枚。 存在さえ知らなかったバンド、凄いメンバーで以下の通りだ。
ネイザン・デービス(ss, ts) ジョー・ヘンダーソン(ts) ガイ・バーカー(tp) ウディ・ショー(tp) ナット・アダレイ(cor) カーティス・フラー(tb) ケニー・ドリュー(p) ジミー・ウッド(b, vo) イドラス・ムハマッド(ds)

1985年から5年間続いたようだが、フルに参加しているのがNathan DavisとJimmy Woodeの二人、 Joe Henderson、Woody Shaw、Nat Adderley、Curtis Fullerあたり常連メンバーとして参加している。 豪華ですね。 

ケニー・クラークへのオマージュを込めて1984年にNathan Davisが集め結成されたグループだ。 欧州組と米国組が上手くマッチしている。 ネイザンはそれ程レコーディングが多くないだけに貴重だ。

ロンドンのRonnie Scott Clubでの初ライブ・レコーディング、気の知れた仲間達が実に楽しんで音楽やってるっていう感じが溢れ、会場にいるような雰囲気が伝わり聴いていてリラックスできる。 ジャズの楽しさを知る絶好の1枚、是非皆に聴いて欲しい1枚です。

他の4年のセッションもリリースされている。
集めたいレコードがまだまだ尽きませんね。



【今日のぶつぶつ】
御嶽山頂にある武蔵御嶽神社へ行った。
上り下り当然ケーブルカー、山頂駅から神社まで30分程の道のり。
たったの30分、がキツカッタ。
10年後、いや5年後が心配となった。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_other

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン