Buddy Rich

buddy_convert_20160808204809.jpgMercy Mercy -Live At Caesarspalace 1968 ★★★★
Label: World Pacific Jazz ST-20133 LP
Date: 1968
Personnel: Art Pepper(as), Charles Owens(as), Don Menza(ts), Pat LaBarbera(ts), John Laws(bs), William Princetp), Al Porcino(tp), Kenneth Faulk(tp), David Culp(tp), Jim Trimble(tb), Richard Stepton(tb), Peter Graves(tb), Joe Azarello(p), Gary Walters(b), Buddy Rich(dr), Walter Namuth(gu)
Music: Mercy, Mercy, Mercy, Preach and Teach, Channel 1 Suite, Big Mama Cass, Goodbye Yesterday, Acid Truth, Alfie, Ode to Billie Joe
Tag: string_guitar


ドラム合戦、Gene Krupa&Buddy Rich、日本では白木秀雄とジョージ川口、そんなドラム・パフォーマンスがもて囃された時期があったが、あれは見世物みたいでジャズっぽさはなく面白くなかった。 そんなイメージが頭に刻み込まれBuddy Rich Bigbandに辿り着くのに30数年。 Wikiによると「父親がBuddyに1歳よりドラムスティックを持たせ、1歳半でヴォードヴィルにて演奏し始めた」とあり天才だったのだろう。

この盤、アート・ペッパーがソロと執っているとは知らなかった。
でもアートのアルトはスモール・コンボでは映えるがビッグバンドでは埋もれてしまう。 そんな中”Alfie”でのペッパーはペッパーらしい良い音が聴こえる。 派手な曲に囲まれているため聴き漏らしてしまいそうだが、1曲だけ切り出せばアートの名演となると思う。

それに引き換えドン・メンザのテナーはここでも冴え渡っている。
そしてギターのWalter Namuth、これだけ出来るのにリーダ作は2013年の”Walter Namuth Quintet - Left Bank 66”だけか! 信じられん!



【今日のぶつぶつ】
諏訪大社巡り、「万治の石仏」、一見の価値あり!
manji.jpg
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : perc_drums

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン