Helen Sung

Helensung_convert_20160501212145.jpgAnthem For A New Day ★★★★
Label: Concord Jazz CJA34496 CD
Date: 2003
Personnel: Helen Sung(p, fender), Seamus Blake(ts,ss), Ingrid Jensen(tp), Reuben Rogers(b), Obed Calvaire(dr), Samuel Torres(perc), John Ellis(b-cl), Regina Carter(vl), Paquito D'Rivera(cl)
Music: Brother Thelonious, Armando's Rhumba, Hidden, It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing), Hope Springs Eternally, Anthem For A New Day, Never Let Me Go, Chaos Theory, Epistrophy, Equipoise
Tag: kb_piano


ヘレン・ソンのアルバムは3枚目の取り上げとなった。 過去のアルバムは これこれ 。
このアルバムはヘレンの6作目、順調にリリースを重ねているので、そろそろ日本でも認知度が高まりブレークしても良さそうだが。 現在一線で活躍しているピアニストの中で一二を争う実力の持ち主で、tam.ra大推薦の一人です。

本作はフロントにイングリッド・ジャンセンとシーマス・ブレイクという大物を配した編成で、ヘレンがNYCジャズ・シーンで認められていることが分かる。 お勧めはまず2曲目チック・コリアの”Armando's Rhumba”、手拍子に乗ったPaquito D'Riveraのクラリネットが何とも楽しい作品に仕上がっている。 次のお勧めは4曲目エリントンの”It Don't Mean a Thing ”、クラシカルなタッチのピアノ・ソロから入りテーマとともにハイピッチなトリオ演奏に、この人のトリオ演奏はどのCDを聴いても完成されていますね。 最後のお勧めが6曲目のアルバム・タイトルでもある”Anthem For A New Day”、ヘレンのフェンダーはピアノに比べて戦闘的、これは新発見です。 フロントの二人も凄くエキサイティングで盛り上がった演奏です。

本作、「買って損なし盤」ですが、ヘレンを知らない人は、トリオ盤(re)conception(Steeplechase)、Helenistique(Fresh Sound New Talent)辺りから入ると良いと思います。



【今日のぶつぶつ】
『止まっていると、自分に飽きて来る』、久本雅美の言葉、名言だ!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン