Marion Brown

フリー・ジャズ・シリーズ、
牧歌派の戦士マリオン・ブラウンの登場です。

marion2_convert_20160331211818.jpg WHY NOT?(ESP)

マリオンもESP卒業生の一人です。 バイオを調べると、
1985年にArchie Sheppの”Fire Music”、John Coltraneの”Ascension”、供にImpulseの大名盤に参加。 同年11月にはESPより自己の初リーダ作Marion Brown Quartet(ESP1022)を発表、本作は翌年のESP2枚目となる。




marion5_convert_20160331211551.jpg Sweet Earth Flying(Impulse)

次掲の”November Cotton Flower”と対を成す代表作と言って良い作品。
これは素晴しいですね。
この2枚を聴いてもらうと分かるのですが、マリオンがフリー・ジャズに区分されるのに違和感を覚えるに違いない。




marion1_convert_20160331211344.png  November Cotton Flower(Baystate)

マリオンの代表作を1枚選べて言われたらこの作品でしょう。 異論なし!
日本のBaysateリリースが嬉しいですね! Baysateには他に以下の3枚があります。
Passion Flower ~ Dedicate To Johnny Hodges(Baystate/RVC RVJ 6024)
Soul Eyes(Baystate/RVC RVJ-6036)
Zenzile featuring Marion Brown(Baystate/RVC RVJ-6009)




marion3_convert_20160331211454.png  Afternoon Of A Georgia Faun(ECM)

生誕の地、ジョージアを描いたシリーズの1枚。
このような作品の一方で、マリオンは相手方がドフリーだと付き合ってドフリーに走る傾向がある。(個人的にはあまり好みではない)



続いてのお勧めがこれ。



marion4_convert_20160331211521.png 79118 LIVE(DIW)

この盤も日本発、Disk Unionが主宰していたDIWからのリリース。
ほとんど話題にも上らず埋もれている作品ですが、なかなかのものです。




最後の1枚は、これ。

marion6_convert_20160331211617.jpg Solo Saxophone(Sweet Earth Records)

サックス奏者、生涯1枚はソロ・アルバムを吹き込みたいのかな!



最後に、WANT LISTに載せている1枚、誰かちょうだい、お願いです。
NTERface with Marion Brown: Glimpses(ReEntry Records RE 003)

このシリーズ、次は誰にしようかな!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン