Dusko Goykovich

duskogoykovich.jpgIt's About Blues Time ★★★★★
Label: Ensayo ENY-48 LP
Date: Nov. 8 1971
Personnel: Tete Montoliu(p), Dusko Goykovich(tp), Ferdinand Povel(ts), Joe Nay(dr), Robert Langereis(b)
Music: It's About Blues Time, Old Folks, The End Of Love, Bosna Calling, You Know I Care, Nameless Tune
Tag: brass_trumpet


これを名盤と言わず、なにを名盤と言えようか! といった名盤中の名盤。

まずEnsayoというスペインのレーベル、Tete Montoliuを中心に Dusko Goykovich、Lucky Thompson、 Ben Websterといった人達のリーダ・アルバムがリリースされている。 ジャズ名盤請負レーベルなのだがジャズは本流ではなく、1stアルバムはロシアの室内楽というクラシック中心レーベルで1968年から2003年まで続いたようだ。

ダスコ・ゴイコヴィッチはこのEnsayo盤あたりまでがピークだったと思うが、その後大量に残された録音はどれも一定以上の水準にあり欧州の代表的トランペッターの一人だ。 この”It's About Blues Time”は代表作の1枚に入れてよいと考えるが、ダスコ一人ではなく当然テテの力も見逃せない。 ここまでは誰もが書いている。 Ferdinand Povelを忘れるようではジャズ初心者といわれても仕方ない。  フェルディナンド・パウエル、 Some Other Blues(Blue Jack)、BEBOPPIN'(Lime Tree)といったリーダ・アルバム(tam.raもこれしか聴いたことない初心者レベル)がありますので聴いて欲しい。 実力を分かってもらえる筈。

この盤、ずっと米国盤(MHS)を所有していましたが、やっとオリジナル盤入手、久々のヤッターです。



【今日のぶつぶつ】
今日は久々に庭遊び、
1.皇帝ダリアが咲き終わり、3メートルほどに伸びたデカイ草(これは木ではない)を切り、来年の備えて10センチほどに切り詰めた茎10本ほどを鉢に埋めた。
2.3坪ほどの庭畑を来年に備えて耕す。

梅に目を遣ると、早くも蕾が膨らんでいた。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン