加古 隆

TOK - LIVE ★★★
Label: Trio PAP-25018 LP
Date: Jun. 5 1978
Personnel: Kako Takashi(p), Kent Carter(b), Oliver Johnson(dr)
Music: The Owl, Drips, Dreams, The Tune, Dreams, Drips, Yet, 11 Rue Titon
Tag: kb_piano


加古隆を知ったのはスティーブ・レイシーやノア・ハワードのグループで活躍していたパリ時代のことだ。 1970年代はまだまだ海外へ行くことも少なかった時代、こんなところで日本人がと興味を抱いたわけだ。 余談だが、1970年代社会人となったtam.ra、初めての海外出張、何と壮行会を開いてもらった記憶がある。 そんな時代のことだ。

東京藝術大学作曲科を卒業後、フランス政府給費留学生として渡仏。 パリ国立高等音楽院で、オリヴィエ・メシアン(フランスの偉い音楽家)に作曲を学ぶ。 帰国後もNHKの数々の番組や映画音楽で活躍、ジャズのルーツを知らず、加古隆を知っている人も多いのではなかろうか。 NHKといえば「あまちゃん」の大友良英氏が有名だが、彼もフリー・ジャズのギターリストだ。

このアルバムはトリオ「TOK」によるもの、Takashi、Oliver、Kentの3人の頭文字をとって名付けたグループだ。 1978年日本ツアー最終日、東邦生命ホールでのライブ録音、拍手がぱらぱらと微妙だ。 何人入ったのだろうか。

 一応フリー・ジャズに分類されているが、それほど過激ではない。 芸大とか聞くとクラシック臭さが心配されるが、加古のピアノはジャズそのもので心配不要だ。(クラシックが悪いと言っているのではなく、クラシックの強い影響を受けたジャズは慨して面白くない)

B面でのジングルベルのような遊びのメロディーはサービス精神かヤケッパチか、客の乗りの悪さは最後まで続いたようだ。



【今日のぶつぶつ】
柿は絶対的にカリカリ感を楽しむ果物、柔らかめを好む者は柿を知らない。 

庭の柿は毎年秋の楽しみだが今年は裏作、青い状態から色付き一気に柔らかくなってしまっている。
20個ほど高枝ハサミで収穫するも半数は鳥の餌に庭に並べた。
柔らかめを好む者は鳥並ということだ。

柿を語る資格を持たない。
スポンサーサイト

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン