Mr. Dorgon

dorgon99_convert_20150831195433.jpgDorgon IIII ★★★
Label: Jumbo records CD
Date: 1998
Personnel: Dorgon (C-melody saxophone, tamburas), Rufus Capadocia, Martha Colby, Katherine Bent (cello), Sam Ulano (drums) & Reuben Radding (bass)
Music: String Quartet, Graphic #1, Study #2, Hardcore (Brooklyn), For JA
Tag: other_other


正体不明のMr. Dorgon、本名Gordon Knauerという。
フリー、いやノイズ・ミュージックをずっとやっている。

ボブ ゴードンのMeet Mr.Gordon(Pacific)とは全く関係ない。

ダンボールを四角く切り"DORGON"の印を押しチョークで縦に4本黄色い線を引いただけのジャケット、ドルゴンのCDはいつもこんな具合だ。
内容はというと、
1曲目:3本のセロと1本のベースによるカルテット、延々とリズムもメロディーもない音の連続、これは音楽か?単なるノイズか? そんな演奏が10分以上続く。
2曲目:セロのソロ、よく分からない。
3曲目:セロのソロ、よく分からない。
4曲目:やっとMr.Dorgonの登場、盛り上がるでもなく盛り下がるでもないドラムとのDOU、何となく終わる。
5曲目:Mr.Dorgonによるインド楽器タンブーラの演奏、これも高低差なく延々と(20分近く?)同じメロディーが繰り返される。 聴いていると心が同調しゆらゆら揺れ始めた。 これはヤバイ! 

Mr. Dorgon: Genius Or Charlatan?(ゴードンは天才か山師か?)、こんなMr.DorgonのCDを3枚も所有しているtam.raは似非ジャズ師か? 音楽に線引きしてここまでがジャズ、この先はジャズじゃあない、なんて誰にも言えない。 例えば、マリア・シュナイダーの最新作”Thompson Fields”はジャズと感じなかったが、シャーロット・ケイト・フォックス(NHK朝ドラの)の”WABI SABI”には強烈なジャズを感じた。 そんなもんだ。



【今日のぶつぶつ】
短い夏休みも今日で終わり、明日からサラリーマン生活に復帰、
子供が9月の新学期を憂鬱に思う心が良く分かる。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_other

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン