David Schnitter

david schnitterGoliath ★★★
Label: Muse MR5153 LP
Date: Oct. 29 1977
Personel: David Schnitter(ts), Hubert Eaves(key), Cecil McBee(b), Eddie Moore(dr), Claudio Roditi(tp)
Music: Hetero-Phonic, Rabbit
Tag: brass_tenor


大好きなレーベル、MuseからリリースされたDavid Schnitterの2ndアルバム”GOLIATH”を購入しました。 1972年に創設されたMUSEレーベル、本レコードをリリースした1977年時点はまだまだ元気な状態にありました。

このDavid Schnitterというテナー吹き、線香花火のようにぱっと咲いてぱっと散ってしまった人です。 The Jazz Messengers(1974-79)及びFreddie Hubberd Band(1980-82)に参加し、Museから4枚のリーダ・アルバム(1976-79)をリリース、大きな注目を浴びることは無かったが順調な滑り出しでした。 ところが1980年にスペインに移り棲み80年代はずっと欧州で放浪?暮らし、90年に入りニューヨークに戻りましたが教育者としての生活。 本人は充実した時間だったと述べていますが多くは語られていません。

2001年に録音、2004年にリリースされた≪Sketch≫(Omix)で20年振りに姿を現しましたが、「放蕩息子が戻って来た」と論評されています。

本アルバムのDavid Schnitterを聴くと、「本格派ハード・バッパーの登場、将来を約束された期待の星だ」と評価して間違いない逸材と誰もが思ったでしょう。 この期待を自ら”ジュ”っと消してしまったのです。

どんなテナーかというと、思いっきり大きな音でブローするテナー。 デクスター・ゴードンの影響を受け、コルトレーンとハンク・モブレーの間の音とか評されていますが、私にはテキサス・テナーっぽく感じられます。 例えば、ボン・フリーマンかな... 魅力的な音を出しており、ずっと活動していれば今では重鎮としてテナー奏者の真中にいたのではないでしょうか。 残念です。

MUSEレーベルについては、ホームページ≪tam.ra jazz notes≫で特集(途上ですが)していますので、そちらも覗いてみて下さい。



【今日のぶつぶつ】
くちなしの花が盛りを迎えた。 この花の特徴は咲いた時には枯れ始めている事と、強く甘い香りを放つことだ。


スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。こちらには初めての書き込みです。
デビッド・シュニッター、私も大好きです。
Muse作品、共演するピアニストのいずれも、強力なタッチでこれまたいい。
ヴォーカルも凄く上手いですよね、この人。

Re: No title

ねひつじさんへ、

>こんばんは。こちらには初めての書き込みです。
コメントありがとうございます。
ちょうど1年ほど前にHPを立ち上げた折りにリンクをお願いして以来、
ご無沙汰しております。

> デビッド・シュニッター、私も大好きです。
やっぱりねひつじさんの好みと一致していますね。

> Muse作品、共演するピアニストのいずれも、強力なタッチでこれまたいい。
恥かしい話ですが、David Schnitterのジャケットは度々見かけていたのですが、
毎回後回しになっていて始めての購入なのです。
その結果、今回初めて認識した次第です。

> ヴォーカルも凄く上手いですよね、この人。
歌もやるんですか、MUSE盤の他の3枚、今度は見付け次第に買ってブログで報告
したいと思います。

引続き宜しくお願いします。

ねひつじ君が

あれっ、コメント欄にねひつじ君の名前が。

これは、私の友人のねひつじ君(聴いたジャズの感想文)ですか、

もしそうだとしたらジャズ・ファンってどこかで繋がっているんですね。
なんと楽しい狭い世界だこと。


Re: ねひつじ君が

まん丸クミさんへ、

> あれっ、コメント欄にねひつじ君の名前が。
> これは、私の友人のねひつじ君(聴いたジャズの感想文)ですか、

そうですね、
去年7月にHPデビューした時に右も左も分らず、歴史があり好みの傾向が一致している
HPを探しリンクをお願いしました。 (聴いたジャズの感想文)を読むと、レコードや
CDの購入行動パターンも自分そっくりでした。 競馬にはついて行けませんが。 

> もしそうだとしたらジャズ・ファンってどこかで繋がっているんですね。
> なんと楽しい狭い世界だこと。

狭い世界であることは確かですが、まん丸クミさんの顔の広さもありそうですね!
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン