Billy Taylor

White Nights and Jazz in Leningrad ★★★
Label: Taylor-Made TL 1001 LP
Date: Jun. 13-14 1988
Personnel: Victor Gaskin(b), Bobby Thomas(dr), Billy Taylor(p)
Music: Secret Love, Pensativa, A Child Is Born, C-A-G, I Remember You, Your Smile, My Romance, Jingles, Morning
Tag: kb_piano


このジャケット、良いですね~ CDでは味わえない良さがあります。 1988年のリリースでLPレコードからCDへと移行しつつあった時代、ある意味ぽっかりと穴が開いた時代。 本作もCD、LP、Cassetteが作られているが、LPレコードは少数しか作られていなかったようだ。

ビリー・テイラー(1921– 2010)は長い活動期間の割りにレコーディング数は多いとは言えない。 多才な人で多くの時間を放送や教育関係の仕事に割いていた為だ。 ピアノのイメージは洗練され知的、その分インパクトは弱いように感じるが、趣味の良いピアノは何とも聴いていて気持ちよい。 

ジャズ喫茶では主役の座には付いていなかったし、日本でのファンは少ない。 ビリー・テイラーを知らない人は、UPTOWN(Riverside)、CROSS - SECTION(Presige)、Sleeping Bee(MPS)などを聴いてもらえればと思います。
ビリーのディスコグラフィーはこのページが詳しい。

このアルバム、ソビエト連邦への初めてのツアーから帰った1988年夏に録音、白夜で日が沈むことなくホテルで眠れない夜を過ごした思い出から”White Nights”のタイトルを付けたそうだ。

そんなこと、どうでもよいから...内容は.....
力の抜けたリラックスしたピアノを聴くことができます。
それだけ かい?
それだけ!



【今日のぶつぶつ】
経験値の蓄積は人を魅力的にする。
この10年ほど、ヤバイ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン