John Carter

John CarterCastles Of Ghana ★★★
Label: Grammavision 18.8603.1 LP
Date: Nov. 1985
Personel: John Carter(cl,vo), Terry jenoure(vl,vo), Marty Ehrlich(b-cl,perc), Bobby Bradford(cor), Baikida Carroll(tp,vo), Benny Powell(tb), Richard Davis(b), Andrew Cyrille(dr,perc)
Music: Castles Of Ghana, Evening Prayer, Conversations, The Fallen Prince, Theme Of Desperation, Capture, Postlude
tag: woods_clarinetto


6月13日に取上げた《Dance of the Love Ghosts》(第3作目)と同じシリーズの第2作目の作品だ。 ベースがRichard Davisに替わり、トランペットにBaikida Carrollが加わった本作品も興味深い。 実力者揃いの豪華メンバー、聴く前から楽しみだ。

John Carterはクラリネットという楽器の持つ制約を取っ払らい自由奔放な演奏が出来る唯一無二の奏者と言っても過言ではない。(音楽観は全く異なるが、もう一方の雄としてRolf Kuhnがいるが) 木管楽器のほんわかした音でモダン・ジャズやフリー・ジャズを演奏するには、金管楽器に比べ遙かに高度なテクニックを要するに違いない。 

このレコードは、A面、B面を通して1つのストーリが作り上げられている。 このように、かなり譜面が書き込まれていると思われる曲に対し、Richard DavisはLeonard Bernsteinなどのシンフォニー・オーケストラでやっていた経験から当然として、Andrew Cyrilleが現代音楽のパーカッションのようで、この人こんな演奏も出来たんだと再認識した。
 
クラとバスクラの壮絶な掛け合い、Marty Ehrlichは大先輩John Carterに真っ向対決の姿勢で立ち向かい気持良い。 もう一人、Baikida Carrollも列の横から割込み三つ巴の乱闘は壮絶だ。

次は一作目《Dauwhe》(Black Saint)を探すことにしよう。 興味を持っている人は少ないと思われるので、安値でゲットできる筈だ。



【今日のぶつぶつ】
箱根の温泉に出掛けた。 6月のこの時期は、5月の連休と夏休みに挟まれた端境期、宿も空いていたようで、頼みもしないのに2ランクほど上の部屋に通してくれた。 ベット・ルーム+十畳ほどの部屋が2つ+四畳ほどの小上がり、それに内風呂と露天風呂の豪華さだ。 トイレも2つ。 少しだけ優雅な気持になり癒されました。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : woods_clarinetto

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン