John Larkin

johnlarkin_convert_20150124211831.jpgJohn Larkin ★★★★
Label: Transition Records LP
Date: Aug. 1984–Jun. 1985
Personnel: John Larkin(p), Joe Farrell(ts), Clark Woodard(b), Bob Harrison(dr)
Music: The Misfit, Last Night I Dreamed, Love Cry, Angels Flight, John Coltrane, Softly As In A Morning Sunrise
Tag: kb_piano


ジョン・ラーキン(March 1942 – December 1999)というピアニストはほとんど無名のはずだが、スキャットマン・ジョンは日本でも知っている人が多いはずだ。(tam.raは知りませんでした)

日本版Wikipediaには次のように紹介されている。
---------------------------------------------------
1995年、『Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)』や『Su Su Su Superキレイ』の大ヒットでブレイク。日本国内でもアルバム売上が250万枚のミリオンセラーを記録し、一躍時の人となった。
グリコ乳業のプッチンプリンとカネボウ化粧品のテレビCMにも出演。また、『Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)』は加藤茶が『加トちゃんのスキャットマン』、ウルトラマンが『スキャットウルトラマン』というタイトルでパロディ化している。アメリカよりも日本での楽曲の売上が多かったことから、前述の『Scatman』のヒット以降はプロモーションのために毎年のように来日していた。
---------------------------------------------------
YouTubeに『Su Su Su Superキレイ』(カネボウ化粧品)があったので、見てみて下さい。

このオジサンの1stアルバムがこれだ。
歌うピアニスト、ナットキング・コールやモーズ・アリソンが有名だがジョン・ラーキンもその一人、余興的な感じの男性ボーカル・アルバムは手を出し難い。 これ聴かず嫌い、まずは聴いてから判断しよう。

ジョン・ラーキンのピアノのテクは絶品でセンスも良い、ボーカルは上手くないが悪くもないといったレベル。
この時代、南カリフォルニア周辺のジャズクラブで演奏していたローカル・ミュージシャン、吃音が激しく克服のためにスキャットを取り入れていたそうだ。 アルコールやドラッグに溺れていた時代でもあったが、友人であったジョー・ファレルが1986年に亡くなり、これを期にそこから抜け出すことを決意、1990年にはドイツに渡り”Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)”でミリオン・セラーを記録しジャズの世界からが遠ざかったようだ。

そんなわけジャズのリーダ作品はこの1枚のみ、歌なしのピアノ・トリオのアルバムをリリースしていれば絶対に隠れ名盤となったに違いない。

ベスト・チューンは”John Coltrane”に続く”Softly As In A Morning Sunrise”だろう。
歌なしピアノ・トリオをバックにジョー・ファレルが吹きまくっている。 この録音、ジョー・ファレルのラストと思われ、ジョーは翌年に亡くなっている。 そしてジョーに捧げられたアルバムとなっている。

ジョーの吹くテナーは病を感じさせない抜群の安定感と勢いがあり残念。
アルバムをリリースしてくれたジョン・ラーキンに御礼を!



【今日のぶつぶつ】
イスラム国の残忍な行動は許せない。
誰も異論はないはずだ。

だが、反対の世界から眺めたこの世界はどう見えるのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tam.raさん、

こんばんは。わたしもつい最近ジョン・ラーキンを知りました。それも、違うCDではありますが、ファレルと一緒の"Clark Woodard & Joe Farrell"。

わたしの愛するB級感を感じるサウンドを楽しみました。なお、ここでいう『B級』というのは、わたし固有の上級の賛辞、という意味でです。ジャズ・レーベルの話に置き換えればMuseといった存在です。

ところで、山芋ですか。わたしも検討してみます。今年は菜園にかける時間を減らして練習の方に振り替えたいので、地面の上に成る野菜に比べてあまり手がかからないと思われる地中の野菜の比重を増やしていこうかと考えています。

Re: No title

平さん、

こんばんは、

ジョン・ラーキンのこのアルバム、ピアノはA級、ボーカルはB級でした。
ジャズアルバムは、本盤と"Clark Woodard & Joe Farrell"の2枚だけみたいです。

山芋、取れたてのやつを皮を剥かずに食した時の最上の美味さ、忘れられません。
これもブログで報告しましょう。

アルト、土日各3時間の自宅練習、水曜日に先生に習うサイクルで今年中に入門クラス卒業を
目指し頑張ります。 相談させてもらいますので宜しく!
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン