Curtis Amy

CurtsAmy_convert_20141025213350.jpgMUSTANG ★★★★
Label: Verve V6-8684 LP
Date: 1965
Personnel: Jimmy Owens(tp, flh), Curtis Amy(ts, ss), Leroy Cooper(bars), Kenny Barron(p), Carl Lynch(gu), Edgar Willis(b), Bruno Carr(dr), Eva Harris (vo)
Music: Mustang, Shaker Height, Enojo, Mustang, Please Send Me Someone To Love, Old Devil Moon
Tag: brass_tenor


最近、買えども買えどもダメ盤(CDもLPも)ばかりで、ブログを書く気が起こらない。
そこで半年ほど前の購入だがインパクトが大きかった一枚を紹介することにした。

絶対に手がでないジャケットがある。 その最たるものがこの1枚。 作り物の嘶く馬の大写し、回転木馬にしたら子供は泣いて逃げ帰り夜はうなされる、どこから持って来たのか誰が作ったのか。 
(Verveからリリースされていることが不思議だが、この頃VerveはMGM Recordsの配下、MGMには「絶対に手がでないジャケット」その2 ショーティー・ロジャーズのターザンがあるので不思議でないのかも)

単にジャケットがひどいだけでは話は終わり、これ内容が素晴しいのです。
血が沸騰しそうな激しいリズム、コテコテとも違ったアフロ・ソウルっぽい感じなのだが、ゲイリー・バーツが頭に浮かんだ。(まったく違うのだが)

このアルバムが素晴しい仕上がりとなったのは、20代前半の若者の参加であろう。
”Mustung2”でのジミー・オーエンスが張り切って嵌っている。
若き日のケニー・バロンがフレッシュで将来を予感させる名演。
カール・リンチは知らなかったが良いギターだ。

カーティス・アーミー、”Old Devil Moon”を聴くとコルトレーンの影響が見え隠れする。(ライナーには、コルトレーンの他にジーン・アモンズ、ソニー・ステットに影響を受けたとある)

MUSTANG:
ニューメキシコからテキサスにいる小型の馬で、16世紀にスペイン人が持ち込んだものが野生化したものだそうで、カーティスが子供の頃に親しんだのかも。



【今日のぶつぶつ】
最近の大工さんはノコギリを握ることも無いし、まして墨付けなどまったくできないそうだ。 木材加工所からカットされた材木(これも無垢の木は無いらしい)が現場に配送され組み立てるだけ、時代は変わった。
コンピュータの世界もクラウドへの移行が進んでいる。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

コメントの投稿

非公開コメント

mustang

tam.raさん、
ご無沙汰です。私もこのアルバムが大好きです。Amyのアルバム集では一番優れていると個人的に思っています(あくまで好みの問題ですが・・・)。珍盤のようなイメージが強いですが、内容は濃いです。ジャケもなんとなく好感持てるような気がしてたまらないです。

Re: mustang

kojitan さん、

こんばんは、
こんなアルバム持ってましたか。
ゲテモノっぽくて手を出し難いですよね。

ジャケが酷くて、内容最高ベスト3があります。
1位はこの盤
2位がショーティ・ロジャーズのターザン
3位はハロルドメイバーンのPisces Calling
です。

curtis amy--mustang

tam.raさん、

お~凄いですね!笑えますね、Harold メイバーンのあのアルバム。CDだとジャケが全然違うんですよ!でも[名盤]です(?)BarneyWilen [Zodiac]ジャケも当時を反映しているのか、ちょっとサイケな感じですね。音楽の内容はいいのに・・・

Re: curtis amy--mustang

kojitan さん

こんばんは、

[Zodiac]、本物のジャケットは見たことありませんが解剖図みたいな
ちょっとキモイやつですね。

内容とジャケットの良し悪しの相関性は高そうですが、時々例外がある
ことも発見の愉しみです。
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン