Hank De Mano

Flyin' Fluegel Horn ★★★★
Label: Freeway FRS-500 LP
Date: unknown
Personnel: Hank DeMano(fl-h), Irv Craig(p), Joe Richardson(b), Jack Lynde(dr)
Music: Lullaby of the leaves, Four, Indiana, Summertime, These Foolish Things
Tag: brass_fluegelhorn


安っぽいジャケットは一見ハーブ・アルパートのラテン・ポップ・ジャズのような雰囲気でtam.raの関心の外だが、ハンク・ディマーノの名前を見つけてしまった。

ハンク・ディマーノ、”Listen To The Hank De Mano Quartet”(Freeway FLP-1 1956)がスペインのFresh Soundレーベルから、そして”IN CONCERT”(Freeway FLP-555 1963)が日本のJAZZHUS DISKレーベルから再発されているのでご存知の方も少しはいそうだ。 それでも無視されており、ほとんど情報がない。 本アルバムのライナーノートを手掛かりに紹介しておこう。

1933年ロス生まれ、9歳でコルネットを始め16歳でバンドに加わり巡業に出た。 その後正式な教育を受けたがダンス・バンドやラテン・バンドでの日々、ある時マイルスを聴いて目覚める。 初めて自分のグループを結成したのは1955年のこと、Don Friedman(p)、Monte Budwig(b)、Sonny Wyne Nelson(dr)というメンバーだった。

フリューゲェルホーンといえばまずアート・ファーマーを頭に浮かべるが、「マイルス・デイヴィスの毒気を中和しフリューゲルホーンを吹かせたらハンク・ディマーノが出来上がる」と思ってもらってよいだろう。
 
ディスコグラフィーがなくはっきりしないが、アルバムはFreewayレーベルからリリースされた3枚だけか?
いずれのアルバムも隠れ名盤、見つけたら買いです!

余談だが、ジャケットに写っている女性、
Cover Girls Courtesy of THE ROOKERY 4937 West Century
とある。



【今日のぶつぶつ】
シンコペーションができない。
リズムを刻めない。 拍を正確に手拍子できないのだ。

今週の教室、キャッチアップできた気がする。
次のテーマは、ハービー・ハンコックの”Cantaloupe Island”、40年以上もジャズを聴き続けてきたプライド、出来ない訳にいかない。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン