Herbie Hancock

herbiehancock_convert_20140831215308.jpgFLOOD ★★★★
Label: CBS Sony SOPZ98-99 LP
Date: June 28 1975
Personnel: Herbie Hancock(p, clavinet, Synth), Bennie Maupin(ss, ts, cl, fl, perc), Paul Jackson(e-b), Mike Clark(dr), Bill Summers(congas, perc), Blackbird McKnight(gu)
Music: Introduction/Maiden Voyage, Actual Proof, Spank-A-Lee, Watermelon Man, Butterfly, Chameleon,. Hang up Your Hang Ups
Tag: kb_piano


過ちを反省し、許しを請う。 ハービー、ゴメン!

Blue Note以降のハービー・ハンコックは売らんがためにエレクトリック・ファンクとやらに身を売り堕落したと決め付けていたtam.ra、大バカでした。 このアルバム、最高に素晴しいです。 全ての曲がハービーの手によるものであり、”Maiden Voyage,”、”Watermelon Man”、”Chameleon”をしっかり収めており、ハービーの代表作の1枚と断言して間違いありません。
”Maiden Voyage”ではアコースティックで昔のファンの心をかっちり掴み、”Watermelon Man”ではポール・ジャクソンのファンキーなベースに乗ったハービー、”Chameleon”でのシンセの絶叫には頭がクラクラ、まさに音の洪水となって溢れ出ている。

このグループ、ポールジャクソンがキーマンです。 エレキ・ベースの格好良さは喩えようがない。 静かな曲でも目立ってカッコいい。 なんてファンキーなんでしょ!

昨日のフレディ・ハバードのアルバムと同時購入、府中のレコ屋のオジサン、有難う!
ジャズを聴いて45年目にしての目覚め、まだまだこれからです。

余談
このアルバムがレコーディングされた渋谷公会堂はtam.raが小学校の学芸会でハーモニカの合同演奏に立った思い出の場所。 後で、「お前だけ、皆とハーモニカの動きが違っていたよ!」と親に言われたことを未だに強く記憶している。 一人アドリブの世界に遊んでいたのだ。



【今日のぶつぶつ】
”tam.ra Jazz Notes”のサイトがクローズするううう
大事なお知らせ、OCNがサイトをクローズするとのメールが届いた。
来年2月に、引越しするか捨て去るか、それとにブログに併合するか、...
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン