Deidre Rodman

deidrerodman_convert_20140810202053.jpgSimple Stories ★★★★
Label: Sunnyside SSC1118 CD
Date: April 13 & 14, 2003
Personnel: Deidre Rodman(p, melodica), Luciana Souza(vo), Tony Malaby(ts), Russ Johnson(tp), Bob Bowen(b), Mark Ferber(dr)
Music: Prelude, Girl With Ponytails, Cobblestone, Bodhi, Duo, Garden Suite, Sleeping Ground, Solo, Pure One, Simple Stories
Tag: kb_piano


例によってマラビー買いだったのですが、ピアニスト発見、と言っても10年も前にリリースされたアルバムですが。

入りの”Prerude”は近所の小学校生のコーラスではぐらかされますが、二曲目”Girl With Ponytails”はポール・ブレイを思わせる切れのあるピアノ・ソロで始まり、ドラムがリズムを刻み始めるとトランペットが乱入、これがまたリズミカルでかっこいい。 暫らく後にトニー・マラビーが怪しく入り(これは想定通り)、それに合わせてリズムは複雑になり、ここからのピアノは二人のフロントに負けない激しさ、この人、何でも出来そうだ。

もう一曲紹介しよう。
タイトル名でもある最後の”Simple Stories”、この躍動感は只者でないと確信させる。
テナーとトランペットを前に置きボーカルを配し、メンバーを仕切り聴かせる曲作りに感心。 Sousaに加えて本人も歌ってます。

Rodman_Deidre.jpgポートレイトはSunnysideの紹介ページから

てっきり男かと思って聴いていたんですが、こんな女性が!
Roy NathansonのJazz Passengersと組んで musical synchronicity(意味分かりません)を立ち上げ、 Knitting Factoryでロイと相互にホストを務めたことがあるそうです。
HPにはロイ繋がりで、エルビス・コステロがメッセージを送っています。
a wonderful pianist and a delicate composer with a truly unique voice - Elvis Costello


すべての曲に加えて歌詞もDeidre、凄い才能です。
CDまるまる纏めあげる力も大したもの、こんなに素晴しいピアニスト、もっと注目されてよいと思います!



【今日のぶつぶつ】
最近の休日の過ごし方は、日に5時間ほど半地下倉庫に篭り練習。
お陰で、左手親指が腱鞘炎気味。
挑戦半年、まだまだだだだ
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン