Cal Tjader

Cal-Tjader_convert_20140629204029.jpgCal Tjader Sextet ★★★★
Label: Fantasy 3266 LP
Date: Feb. 8 1958
Personel: Cal Tjader(vib), Stan Getz(ts), Vince Guaraldi (p), Eddie Duran(gu), Scott LaFaro (b), Billy Higgins (dr)
Music: Ginza Samba, I’ve Grown Accustomed To Her Face, For All We Know, Crow’s Nest, Liz Lane, Big Bear, My Buddy
Tag: other_vib


カル・ジェダーは2枚目の登場、1枚目はこちらを。
時代は半世紀も前、カル・ジェイダーを最近のジャズ・ファンは知っているのかな?
アート・ペッパーが初来日を果たしたときのリーダと紹介した方が、「あのときの...」と名前を思い出してもらえるかもしれない。(事実は分からないが、隠れ蓑のように使われたようにも思われる)

cal-tjader-2_convert_20140629204103.jpg1963年に再発されたときにはお色直しされこんなジャケットに変身、ゲッツが前面に出されカル・ジェダーはサイドマン扱いとなっている。 屈辱的に思えるがちゃんと了解を得ているのかな? ゲッツ仕様とするためにオリジナルではA面ラストの” Ginza Samba”を一曲目にもってきている。

カル・ジェダーが可哀想なもう一つの話、”J”で始まる名前を探しても出てこない。

ゲッツの端正な顔が印象的、こちらをゲッツ、オリジナルをジェダーの棚に収めよう。



このアルバムの聴き所はEddie Dulan(エディ・デュラン)だろう。
この人のリーダ・アルバムは、”Jazz Guitarist”(Fantasy)と ”Ginza”(Concord)の2枚のみ、他にディー・ベルの”Let There Be Love”(Concord)にゲッツと一緒に参加している。 ギンギンに切れまくっているギター、これだけ弾けるのに何故との疑問がふつふつと。 このアルバムを持っている人は、ギターを中心に聴き直してみて下さい。



【今日のぶつぶつ】
ディスク・ユニオン情報:
神保町のDU、地下、2階が閉まっており1階のみの特別セールをやっていた。 CD4枚をゲット。
国立、聖跡桜ヶ丘、淵野辺と閉店しているので、またかと思ったがハス向かいのビルの2階に引っ越すらしい。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_vib

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン