Ella Fitzgerald

Clap Hands, Here Comes Charlie! ★★★
Label: Verve V/V6-4052 LP
Date: Jun. 22-23 1961
Personal: Lou Levy(p), Herb Ellis(gu), Winfred Middlebrooks(b), Gus Johnson(dr)
Music: Night In Tunisia, You're My Thrill, My Riverie, Stella By Starlight, 'Round Midnite, Jersey Bounce, Signing Off, Cry me A River, This Year's kisses, Good Morning Heartache, Born To Be Blue, Clap Hands, Here Comes Charlie!, Spring Can Really Hang You Up The Most, Music Goes 'Round And 'Round
tag: vocal_female


理由は無いが、エラ、サラ、カーメンの中ではElla Fitzgeraldが一番だ。 ジャズを聴き始めてボーカルは20年ほどは全く対象外だった。 はっきりとは思い出せないが、”JATP In Tokyo, Live At The Nichigeki Theater”の中で唄っているエラを渋谷のジニアスで聴いてからだ。 熱くスウィングするエラに観衆が熱狂している様が目の前に浮かび痺れたことが切っ掛けで女性ボーカルが入り込んで来た。 その後は寺島さんの導きで白人女性ボーカルの道に。

このアルバムは熱狂とは掛け離れ、スタジオ録音のためか、しっとりと謳い上げた曲が多い。 このシットリ具合を支えるピアノのLou LevyとベースのWinfred Middlebrooks(Joe Mondragonと書かれた情報もあるか)が素晴しい。 どの曲も良いのだが、"Cry Me A River"が気に入った。 この曲はエラが映画で唄う為に書かれたがボツにされ、このレコードで初めて録音されたそうだ。 Julie Londonが1955年に録音したことで有名になったとある。 大好きなJulieが...You Tubeで聴ける、エラのそれとは全く違うが、何れも素晴しい。
エラはスロー・バラッドも上手いが、"Clap Hands,...”のような超アップ・テンポの歌も楽しい。



【今日のぶつぶつ】
裏に植わっている梅の木が延び放題で隣家にはみ出しウットオシイ!、刈り込むのに1時間弱、植木屋さんは大変だ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン