Maria Schneider

MARIA SCHNEIDER ORCHESTRA
Maria00s.jpg


spacer1.gifマリア・シュナイダー・オーケストラ
spacer1.gifBlue Note Tokyo
spacer1.gif2013 12.17 tue.



12月17日、初日の1stセット、去年に続きマリア・シュナイダー・オーケストラ、行ってきました。
今年のメンバーは次の人達。

Maria Schneider (composer,conductor)
Dave Pietro(sax)
Charles Pillow(sax)
Rich Perry(sax)
Donny McCaslin(sax)
Scott Robinson(sax)
Steve Wilson(sax)
Augie Haas(tp)
Greg Gisbert(tp)
Mike Rodrigues(tp)
Garrett Schmidt(tp)
Keith O'Quinn(tb)
Ryan Keberle(tb)
Marshall Gilkes(tb)
George Flynn(tb)
Gary Versace(accordion)
Lage Lund(g)
Frank Kimbrough(p)
Jay Anderson(b)
Clarence Penn(ds)

18時過ぎに到着、通された席は最前列の左端、6人テーブルには一人男が既に5人着席、花のない席に周りをキョロキョロ、「1ランク上の席であれば」との提案に黙って着席、演奏が始まれば関係ないと自らに言い聞かせて。

開演までの1時間ほどスマホで暇を潰す。

去年は反対側でScott Robinson(sax)の真横でMaria Schneiderの顔が良く見える席だったが、今年はGary Versace(Acco)、Lage Lund(gu)の真ん前1メートルほどの所、去年は席が遠く聴けなかったあまりにも美しい音を聴くことができた。 Gil Enavs OrchestraではPete Levinのシンセサイザーがオーケストラを特徴付けていたが、マリアのオーケストラではこの二人だ。

今年の新顔としてSteve Wilson(sax)が入っていた。
2曲目はアレンジが複雑だったようで、皆がマリアの指揮を注視、新人のスティーブ君の眼も真剣そのもの、曲が終わった時に首を傾げ苦笑いしていた。 何か納得いかないものがあったのだろう。

去年はDonny McCaslin(sax)、今年はGreg Gisbert(tp)のソロ、素晴しかったです。
マリアの曲作りは当然として。


Maria Schneider Orchestra、絶対のお勧め、皆様の街の近くに行ったら、見逃していけません。

来年また来日したら、また行きます。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_orchestra

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン