Charlie Rouse

Charlie RouseYEAH ★★★★
Label: Epic BA17012 LP
Date: Dec. 20,21 1960
Personnel: Charlie Rouse(ts), Billy Gardner(p), Peck Morrison(b), Dave Bailey(dr)
Music: You Don't Know what Love Is, Lil Rousin', Stella by Starlight, Billy's Blues, Rouse's Point, No Greater Love.
Tag: brass_tenor


絶対購入盤と言って”NO”と言うジャズファンはいないでしょう。

ずっと昔に買った1,100円廉価盤を持っていましたが、この度オリジナル(モノからステレオ化された盤)を入手。 店のランクは”B-”、全体に渡ってチリチリパチパチノイズが盛沢山、それでも聴くのは廉価盤、眺めて楽しむのはオリジナル盤でと購入しました。

ところが聴き比べると、廉価盤のボーとボヤケタ音に対しオリジナル盤は切れと厚みが大違い。 レコード蒐集を始めた頃、ビニ焼けでA面の半分ほどが酷くやられていたアート・ブレイキーのOrgy in Rhythm (Blue Note)オリジナル盤を千円ちょっとで手に入れ、この音に驚いたことを思い出しました。

チャーリー・ラウズの話をしましょう。
モダン・ジャズのキラ星ではありますが巨星との評価は聞いたことありません。 どうしてでしょう。 ビックバンド、そしてモンクのバンドが長く自己名義のアルバムが少ないことが影響しているのでしょうか。

数少ないリーダ・アルバムの中で本盤を筆頭に、”Takin' Care Of Business”(Jazzland)、"The Chase Is On"(Bethlehem)、”We Paid Our Dues”(Epic)などどれも素晴しい内容です。(初期のリーダ・アルバムのほとんどがお勧め盤です)

忘れて欲しくないのは1980年代初めにCharlie Rouse、Kenny Barron、Buster Williams、Ben Rileyの4人によって結成された『Sphere』(1988年に亡くなるまでやっていた)、このバンドも素晴しかったので、未聴の方は是非聴かれたし。



【今日のぶつぶつ】
今朝台風の様子を見ようと庭に出て、
石の階段で滑り尻骨を強打、
暫らく立てないほどに。

右側の尻骨、痛む。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン