Carol Heffler

Carol hefflerExactly ★★★★
Label: Peeka Records PR-0121 CD
Date: 2004
Personnel: Carol Heffler(vo,p), Angelo Dibraccio(sax), John Bianculli(p), David Mohn(dr), Chuggy Carter(perc)
Music: Exactly Like You; My Foolish Heart; Pull of the Moon; Same Old Used to Be; Lullaby of Birdland; Bittersweet; Mahina; Willow Weep for Me; You Are There
Tag: vocal_female


ジャケットの写真を見て、キャロルの性格が読み取れそうだ。
(tam.raにその能力があったっけ)
清楚で真面目、日々努力、くすっと笑える冗談も時々言う、そんな感じは歌からも伝わって来る。

すごく丁寧に歌っているし、このCD作成に賭ける意気込みが伝わって来る一枚だ。
こう書くと素っ気なく感じるかもしれないが、包み込むような声は母性本能を擽るものがある。


ボーカルへの道は40年ほど前のローラ・ニーロとジョニ・ミッテェルとの出会い、ジャケ写真では分からないが録音当時既に50代半ばのオバちゃんだ。(20年ほど前の写真を使った疑惑あり)
キャロルさん、普段はNia (アメリカで開発された裸足のエアロビクス)の先生を生業としており、フルタイムで歌手をやっている人ではない。

4曲のオリジナル(作曲、作詞とも)を交えての9曲、スローからミッドテンポの曲(バードランドの子守唄を除き)をしっとりと歌い上げるキャロルと彼女が仕切るカルテット、長年やっているのだろう息がぴったりだ。 中でもJohn Bianculliの叙情的なピアノ、アクセントを付けているAngelo Dibraccioのサックスは逸品だが、二人ともリーダ・アルバムはまだない。

キャロルは、"Sea Dreams"、"Pull of the Moon"、そして本作が3枚目の作品に当る。
もっと日が当って良いボーカルだが、自分のものだけとしたいボーカルでもある。



【今日のぶつぶつ】
春に購入した皇帝ダリヤが2メートルほどの背丈に成長した。
メキシコの原産で、大きいものでは6~7メートルほどになるそうだ。

26号台風で1本根元から折れてしまったので、今日添え木で補強したが27号は超大型とか、心配だ。
無事乗り越えて咲いたらアップします。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン