Ronny Lang

Ronny LangBasie Street ★★★
Label: Fresh Sound FSR-CD 501 CD
Date: Jun. 23 1955, 1957
Member: Ronny Lang(as), Bob Drasnin(as), DavePell(ts), Abe Aaron(ts), Butch Stone(bs), Donn Trenner(p), Buddy Clark(b), Bill Richmond(dr)// Ronny Lang(ts), Dave Pell(ts,bs), Bob Enevoldsen(tb), Marty Paich(p), Ray Leathewood(b), Johnny Lais(dr)
Music: Thow Swell, Sorta Moonlight, Love Me Or Leave Me, The Devil And The Deep Blue Sea, How About You, They Can't Take That Away From Me, I'll Be Around, Basie Street, Take A Chance On Love, Skylark, Midnight Sun, How High The Moon, A Foggy Day, Cantara, Lullaby In Rhythm, S'Wonderful
tag: brass_alto

このCDに収められた2つのグループでの演奏がRonny Langの全リーダ作だそうだ。 最初のグループはLes Brownのサックス・セクションとリズム・セクションを借りたセクステット、アルトを吹いておりバド・シャンク風だ。 二番目はウエスト・コーストのミュージシャンを集めたセクステットとカルテットでテナーを演奏、アルトっぽい音を出しここでもバド・シャンク風。 この二人、生れもプロ活動開始もほぼ同時なので、シャンクがロニー・ラング風だと云っても良いのかも! 内容的には、素晴しいウエスト・コースト・ジャズが楽しめます。


【今日のぶつぶつ】
雨続きで気も滅入る日が続いたが、ようやく晴れ間が覗いた。 今日は義理兄夫妻の昼食招待で葉山まで出掛けた。 <Alice Villa Resort>という洒落たレストランで、大島までくっきり見渡せるオーシャン・ビューと美味しい食事。 気分、腹とも120%の満足、ご馳走様でした。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン