Harold Betters

even better ! ★★★
Label: Gateway GLP-7008 LP
Date: 1964
Personnel: Harold Betters(tb), others unknown
Music: Little Liza Jane, After You're Gone, What Kind of Fool Am I, Havah Nagilah, Siipper's, Bill Bailey Won't You Please Come Home, Walk With Me, The Days of Wine and Roses, Summer Time, Wabash Blues, On the Street Where You Live
Tag: brass_trombone


ハロルド・ベターズ、知る人は少ない。(ジャズ博士以外は知る必要もないが)

この人、ピッツバーグではMr. Tromboneと呼ばれ尊敬されている存在とか、1928年生まれなので85歳、今も現役で活躍しているようだ。
ピッツバーグに今もあるGateway Recordings, Incという会社から9枚、そしてReprise(フランク・シナトラとワーナー・ブラザーズの共同出資で設立されたレーベル)から3枚のLPを出しているのでジャズ・マニアには知られているが目ぼしいアルバムがない。 tam.raも過去3枚ほど手にしたが納得いくものはなく諦めかけていたが、今回初見のアルバム”even Better !”を発見し過去の失敗に懲りず購入、やっと納得の1枚となりました。 ピアノ・トリオをバックに思う存分吹きまくっているハッピー・トロンボーンは一聴に値する。 センスに難点あり、”Havah Nagilah”(ユダヤ教徒の結婚式や成人式で演奏される楽曲?)を聴いて真っ先に舟木一夫が頭に浮かんだ。 このドンチャカドンチャカ節は昭和歌謡を聴いているような、そして”Siipper's”ではボーカルを聴かせているが、歌詞はなくデュデュ、デュデュと軽く口ずさむ程度、不要。

レコ屋さん情報によると某銀行の宣伝用に出されたLPがあるそうで、それはまあまあの出来とか、2枚目の納得盤として出会いたいものだ。



【今日のぶつぶつ】
ローソンのメロン・パン、食べましたか。
最近、ずっと嵌っています。
メロンの皮の部分のパリパリ感と柔らかな甘み、
中身のパンのしっとり感、
本職のパン屋を凌ぐ傑作、

早速、明日にでも試してみて下さい。
感動ものです。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trombone

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン