Jiggs Whigham

Jiggs_Whigham_convert_20130825190848.jpgHOPE ★★★
Label: Telefunken 6.23008 LP
Date: Jan. 24 1976
Personnel: Jiggs Whigham(tb), Ferdinand Povel(ts,ss,fl), Rob Franken(p), N.H.O. Pedersen(b), Grady Tate(dr)
Music: Bodge, The Healer, Hope, Absolutely Knot, Owa Tagu Siam, Sunflower Chant, Chant, Going Hom
Tag: brass_trombone


このジグス・ウィグハム盤、ずっと昔Inner City盤を購入していたが、オリジナルが欲しくての買換え盤だ。 オリジナルはドイツのテレフンケン、1903年5月27日にシーメンスとAEGが無線技術の合弁会社としてベルリンに設立した会社だ。

ジグスは元々アメリカ生まれ、17歳でグレン・ミラー楽団に入った後、ケントン、そしてグレン・ミラーに出戻り、ジョニー・リチャード、メイナード・ファーガソンなど旅がらす、1965年にKurt Edelhagenに誘われドイツに渡りそれ以来ドイツに住み着いたという過去を持つ。

そんな訳でドイツのレーベルからのリーダ・アルバムのリリースとなったようだ。

このアルバム、フェルディナンド・ポベルが加わっている点も魅力となっている。
この人もデュスコ・ゴイコビッチと一時やっていたが多くはKurt Edelhagen、クラーク・ボラン、スライオ・ハンプトン、メイナードなどのビックバンド暮らしが長かった人だ。

ジグスのリーダ・アルバムだが、どの曲もトロンボーンとサックスを半々に聴くような構成となっている。
A面の推薦曲はグラディ・テイトのドラミングが小気味良いサンバ調の”Absolutely Knot”、リズムに乗ったジグスとフェルディナントが快調に飛ばしています。 そしてB面では”Sunflower Chant”、トロンボーンが先発、テナーへと受け継がれる限りなく美しいバラッド曲だ。

全体を通すと、フェルディナンド・ポベルが目立った盤、”Chant”でのソプラノサックスはコルトレーンぽさも残るが絶品の一曲となった。

ラストを飾る”Going Home”の和名は「家路」、ジグスが教育者としてのお手本を最後に入れた。



【今日のぶつぶつ】
明日1日出社、その後遅めの夏休みで~す。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trombone

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン