Pete Jolly

pete jorryLittle Bird ★★★★
Label: AVA A-22 LP
Date: Nov. 1962, Jan. 1963
Personnel: Pete Jolly(p), Chuck Berghfer(b), Larry Bunker(dr), Haward Roberts(g), Kenny Hume(per)
Music: Little Bird, Three-Four-Five, Never Never Land. Alone Together, To Kill A Mockingbird, Spring Can Really Hang You Up The Most, My Fevorite Things, Too Toot Tootsie, Falling In Love With love
Tag: kb_piano


ジャズ・ピアノはこうでなくっちゃ!

そういうtam.raがピート・ジョリーに気を止めたのはCD時代となり、VSOPからリリースされた次の2枚のアルバムを手にしてからのこと。
'YEAH!'(VSOP #98) これは1995年のスタジオ録音
'TIMELESS'(VSOP #105) 1969年のDonteでのライブ演奏
(VSOPからは他にも数枚がリリースされています)

そんなわけでこのAVA盤も知ってはいたが手に取ることはありませんでした。

ピート・ジョリーのDiscographyにはこんな紹介文が載っています。
Pete Jolly lived a double life as studio ace by day and jazz cat by night for over 40 years.

昼はスタジオ・ミュージシャンとして生活を支える一方で、夜はクラブでの演奏を40年間にも渡って、それも亡くなる直前迄続けていたそうです。 ベースChuck Berghofer、ドラムNick Ceroliによるトリオは20年間もDonteに出演し続け、ここでのライブ演奏が90年代にVSOPレコードからリリースされジャズ・ファンに再認識される切っ掛けとなったとのことで、tam.raもその一人だったのです。

ところでピート・ジョリーってどんなピアニストかって? 本アルバムの”My Favorite Things”を聴くとツーハンドのフルスケールを使ったピアノ演奏を聴くことができます。 スタジオ・ミュージシャンとしてやって行けた理由がよく分かります。 一方で、軽やかでスウィンギーな面もありこちらが夜のジョリーなのでしょう。



【今日のぶつぶつ】
今日、自転車の空気入れを買った。
毎回自転車屋で唯で入れてもらうのは虫が良すぎるし、口で吹込むには鍛練が必要だし。
空気入れは自転車の必需品だと分かった。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

Pete Jolly

tam.raさん こんばんは

フリーからウェストまで幅広くお聴きですね。

斯く言う私も声高には言いませんがウェストの大ファンなのであります。ピアニストではこのピート・ジョリーの優れたテクニックに痺れて以来様々な盤を聴いてきました。最終的にあのかなずち頭がジャケットのライブ盤(名前失念・・・Donteのライブ盤か?)やAVAの数枚あたりが好いですね。

Re: Pete Jolly

山帽子さん こんばんは

コメントありがとうございます。

> フリーからウェストまで幅広くお聴きですね。

長く聴いているとどんどん幅が広がってしまいます。
(後からフリーに広がっていく人は少ないようですが、私の場合フリーから入りました)
最近興味が出てきたのがビッグバンド、こんな人がこんなバンドで、と見つけるのが楽しいです。
フュージョンは今もって受付ませんが。

> 斯く言う私も声高には言いませんがウェストの大ファンなのであります。ピアニストではこのピート・ジョリーの優れたテクニックに痺れて以来様々な盤を聴いてきました。最終的にあのかなずち頭がジャケットのライブ盤(名前失念・・・Donteのライブ盤か?)やAVAの数枚あたりが好いですね。

ピート・ジョリーはブログに書いた通り、素晴しさを知ったのが遅かったのでレコードもまだまだ欲しいものが沢山あります。 最近入手した5 O'clock shadows(MGM)を聴きながら返信を書いていますが、これも素晴しい。

尽きることがありませんね。

ピート・ジョリー最晩年の雄姿を!

tam.raさま、山帽子さま、こんばんは~^^

僕もピート・ジョリーの大ファンなのでCDで集められるものは全部集めました。フレッシュサウンドの2on1でようやく『5 O'clock shadows』が聴けたのも嬉しかったぁ~。僕の中では「美メロ派」筆頭の地位は揺らぎませんが、ホント晩年まで八面六臂の大活躍で、『YEAH!』なんて63歳のプレイとは思えませんよね。とりわけ掉尾を飾るショーティ・ロジャースの美曲中の美曲「Diablo's Dance」が素晴らしくて個人的には彼のキャリアでも屈指の名演かと思います。

その6年後、ウェストの綺羅星スターたちが一堂に会した(コンテ・カンドリ、カール・フォンタナ、なんとテディ・エドワーズまで居る!)2001年の貴重きわまりないコンサートの模様がありますのでYouTubeのリンク貼らせてもらいますね。ちなみに「ディアブロズ・ダンス」は26分47秒から、これが相変わらず巧みな捻りを効かせたソロで何度聴いても飽きません、さあピート最晩年の魔術をご覧あれ!

http://www.youtube.com/watch?v=liEoA4Z3I2A

Re: ピート・ジョリー最晩年の雄姿を!

BreakN'Bossaさん こんばんは

ピート・ジョリーに相当に入れ込んでいる様ですね。
この人、それだけの演奏をしていると思います。

Conte Candoli、Carl Fontana、Teddy Edwardsが入ったピート・ジョリー、最後まで見ました。
フロントの3人、私のお気に入りだと知っての紹介ではないと思いますが、ありがとうございます。

昔は日本でも大ホールでこういったコンサートが行われていましたが、最近はクラブでやることが
多く大物をずらりと揃えたコンサートが見れなくなり残念ですね。
ConcordやXanaduのオールスター・コンサートを思い出しました。

泣けてくるコンサートですよね

こんばんは。コンサート全部観て頂けたとのことで嬉しく思います、ぜひtam.raさまに御覧頂きたかったもので^^

Pete Jollyの作品で僕が一番好きなジャケは、彼の名前で検索すれば真っ先に画像がでてくるColumbia盤『Too Much,Baby!』(1965年)です。三人もの妙齢の美女に囲まれて鼻の下を伸ばしているジョリーが高田純次みたいで、なんだかカワイイではありませんか・・笑。内容もバツグン、ワルツを演らせたら右にでる者のいないほどの優雅さで、おもわず好きな女性と踊りだしたくなりますよね。この作品から極め付きのプレイ“I'm All Smiles”のYouTubeリンクも貼らせてくださいませ。

http://www.youtube.com/watch?v=6QemI_wswGY

この頃が人気もピークだった頃でしょうが、それでも浮ついたところなんてまるでない真面目な人だったに違いないのです、目を見ればわかります。だからこそ晩年までこんなに冴えわたった演奏を続けられたのでしょう。

さて御存じのように、ご覧頂いたコンサートのあった直後2001年12月にコンテ・カンドリが永眠、その後、テディ・エドワーズ(2003年4月)、カール・フォンタナ(2003年10月)、ピート・ジョリー(2004年11月)と、櫛の歯が抜けるように亡くなっていきます。ピートはどんな思いでフロントの三人の死を見送ったのでしょうか。こんなに活き活きと演奏していたメンバーはチャック・バーグホーファーとジョー・ラバーベラ以外、もうこの世にはいないのです、寂しいものです。

みんな晩年だから吹奏力が落ちたり、指がもたついたり・・、それでも懸命に演奏して、最後にこんな素敵なコンサートをしていたんだ・・、そう思ったら観ていて目が潤んできてしょうがなかったです。チャックとラバーベラは晩年のピート・ジョリーと共演したヤン・ラングレンの名作『TOGETHER AGAIN...AT THE JAZZ BAKERY』(2008年)で共演しています。

最後にYouTubeからジャズをこよなく愛するクリント・イーストウッドのドキュメンタリー映画"Piano Blues"におけるピート・ジョリーのソロ演奏を・・、短いながらも卓越したメロディセンスが光る優雅な演奏・・これはたまりません(溜息)。彼らの置き土産となったジャズ遺産はこれからも未来永劫、輝き続けます。

http://www.youtube.com/watch?v=lH_lD9nMFFk

Re: 泣けてくるコンサートですよね

BreakN'Bossa さん

丁寧なコメント、ありがとうございます。

美女に囲まれたピート・ジョリーのアルバム、誰の評論か忘れましたが
良いアルバムだと書いていた記憶があります。
LPで出ているものをCDでは買わない(つまらない拘りですが)、高いLPも
買わない(こちらはお金がないので仕方ない)のでいつ手に入るか分かりません
が気長に探します。

ボントロの殿堂、カール・フォンタナ

ご返信ありがとうございます^^

tam.raさまは以前、知っているトロンボーン奏者の名前でもってマニア度をランクづけされていてニヤリとさせられたことがあります。僕はたしか山帽子さまと一緒で「ほとんどビョーキ」との判定だったかと思います・・笑。僕も大好きなカール・フォンタナの素敵な演奏がYouTubeにありましたので恐れ入りますがリンクを貼らせて頂きます。ボントロという楽器の妙味が惜しみなく凝縮されたような長尺の演奏で、よく歌うさすがの名手ぶりは鳥肌モノ・・、ホレボレしてしまいます。

Carl Fontana - Easy To Love (1975)
http://www.youtube.com/watch?v=U0MgN0wI0Dk


(追記です)この1975年の録音、他にも何曲か同じ方がYouTubeにアップされていて、「I Love You」を始めどれもシビれる快演ばかりなんですが、録音もいいですし有名な作品なのかもしれません。入手したいのですがCDでは見当たらないようです。いずれも長いソロでダレることのない澱みないフレージングに酔わされっぱなしですが、この「Easy To Love」のコメントに「so easy to play ????????????」とあって、ナルホド言い得て妙とはこのことかと・・笑。

Carl Fontana - I Love You (1975)
http://www.youtube.com/watch?v=WrxgKeuBsbg

デイブ・マッケナの白熱のプレイも!この時期の彼のピアノ、脂が乗りきってます。

Re: ボントロの殿堂、カール・フォンタナ

BreakN'Bossa さん こんばんは

フォンタナ、日本での認知度の低さには怒りさえ覚えますね。
マスコミに問題があるのだと思います。

今、中川英二郎に入れ込んでいます。



> ご返信ありがとうございます^^
>
> tam.raさまは以前、知っているトロンボーン奏者の名前でもってマニア度をランクづけされていてニヤリとさせられたことがあります。僕はたしか山帽子さまと一緒で「ほとんどビョーキ」との判定だったかと思います・・笑。僕も大好きなカール・フォンタナの素敵な演奏がYouTubeにありましたので恐れ入りますがリンクを貼らせて頂きます。ボントロという楽器の妙味が惜しみなく凝縮されたような長尺の演奏で、よく歌うさすがの名手ぶりは鳥肌モノ・・、ホレボレしてしまいます。
>
> Carl Fontana - Easy To Love (1975)
> http://www.youtube.com/watch?v=U0MgN0wI0Dk

pete jolly

どうもです。
鳥のイラストが気に入り、昔買った記憶があります。
それ以上に気に入ったのはこの人のノリです。
Little Birdがまさしくその典型です。あの鍵盤のこなし方!凄い!
全曲聴くとやや飽きてしまうところがありますが(あくまで個人的な見解です!)、
聴いているうちに、ウキウキしてしまいそうです。
どうしてもLittle Birdを何度も聴いてしまう・・・そんな魅力ですね。

Re: pete jolly

kojitanさん、こんにちは

Pete Jolly、派手なピアニストではありませんが、好きな部類です。
スタイルは同じではありませんが、Lou Levyとイメージが重なります。

先ほど近所のBookoffでCD3枚買ってきました。


ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン