Annie Ross

Annie RossFill My Heart With Song ★★★★★
Label: Decca DL 74922 LP
Date: 1963
Member: Annie Ross(vo), Orchestra
Music: A Lot Of Livin' To Do, Let Me Love You, All The Things You Are, I'm Gonna Go Fishing, Like Someone In Love, Limehouse Blues, All Of You, Fly Me To The Moon, Nature Boy, What's New, Love For Sale
tag: vocal_female

録音の素晴しさに驚嘆、続いてオーケストラのアレンジの格好良さに驚嘆、Annie Rossのボーカルの素晴しさは想定通り。 100%文句の付け様のないアルバムだ。

所有アルバムを挙げると”Annie Ross and Pony Poindexter”(SABA 1967)、”Sing A Song With Mulligan”(World Pacific 1959)、Portrait Of Annie Ross(PYE 1956)の3枚、これで全てだが、どれも甲乙付け難い好盤。 L-H-Rも1枚あると思っていたら、Annieが抜けた後のL-H-Bavan(これも良いグループだ)でした。 

本アルバムは、L-H-Rを抜けた後のロンドンにおける録音。(オリジナルは英国のEmber Records)

まずバックのオーケストラ:
Johnnie Spenceが編曲・指揮を担当したビッグバンドが盛上げており、プロデューサにJohn Barryが当たっている。 ご存知の通り、John Barryは<Goldfinger>や<Born free>で有名なあの人だ。 このバックのサポートは英国っぽい洒落たアレンジで、これだけでも聴く価値充分だ。

次にAnnie Rossのボーカル:
個人的には好みの上位に位置する人だが、世間の評判が気になりウェブを検索するもほとんどリビューが見当たらない。 そこでジャズ批評、「No.78女性シンガー大百科2」を読むと、『大橋巨泉氏も指摘していた通り、...実際60年代の作品など実年齢より遙かに老け込んだカンジで痛々しくて聴いていられないほどだ。』とある。 バカヤローーー、耳が尻に付いているっていうのはあんたのことだ、と叫んでしまった。 50年代は、爽やかで草原を駆け抜けるような気持良さがあり、60年代はコクが出て自信があり聴くものを引き付けるボーカルだ。 個人的には、60年代を支持する。 皆さんは?



【今日のぶつぶつ】
鳩山元首相の退陣演説を聴いた。 立派だった。 明確でぶれないビジョンを持ち、10年~20年先をしっかり見据えている。 鳩山さんの問題はインプリメントが全く出来ないことにあった。 目標に向かっての筋書きがないのだ。 日本の総理の選出の手順は考え直した方が良いのでなかろうか。 多面的なテストを受けさせ、合格できない人は立候補できないとか。 
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン