Fred Anderson

fred-anderson.jpegBack at the Velvet Lounge ★★★★
Label: Delmark 549 CD
Date: Nov. 18 2002
Personnel: Fred Anderson(ts), Maurice Brown(tp), Jeff Parker(gu), Harrison Bankhead(a-gu,b), Tatsu Aoki(b), Chad Taylor(dr)
Music: Fougeux, Olivia, Job Market Blues, Syene, King Fish
Tag: brass_tenor


フレッド・アンダーソン、本ブログではMy Favorite Musicians - Tenor Sax (1)で簡単に紹介しただけなので初登場といっても良いだろう。

このCDはシカゴ周辺の実力のある若者を引き連れてのライブ録音だ。 フレッド74歳当時の演奏で、ブリブリとコテコテとフリーの混ぜご飯のような精力的な演奏は歳をまったく感じさせない元気さ、バラッドでも優しい音は出さず硬派を貫いている。
メンバーの中ではトランペットのモーリス・ブラウンが目立って素晴らしい。 コルトレーンをトランペットに移したようなユニークな演奏は、若きドン・チェリーをアグレッシブにしたような感じだ。

フレッド・アンダーソンの経歴をみてみよう。
1929年の生まれで、AACM(the Association for the Advancement of Creative Musicians)の創設者の一人に名を連ねており、1967年にJoseph Jarman - Song Forで初録音を果たしている。 こんな経歴のためか、フリージャズのミュージシャンとして紹介されることが多いが、あえて分類すればコテコテ派だ。 影響を受けたミュージシャンとして、Dexter Gordon、Charlie Parker、Gene Ammons、そしてLester Youngを挙げている。

こんなに華々しい経歴にも関わらず1980年代までの録音は僅か次の6枚だ。

1967 Joseph Jarman, Song For (Delmark Records DS-410)
1968 Joseph Jarman, As If It Were the Seasons (Delmark Records DS-714)
1977 Neighbours, Accents (EMI-Electrola 06632854).
1978 Fred Anderson Quintet, Another Place (Moers Music 01058)
1979 Fred Anderson Quartet, Dark Day (Message Records 0004)
1984 Fred Anderson, The Missing Link (Nessa Records N-23)

1960年代にAnthony BraxtonやArt Ensemble of Chicagoらは欧州に渡り成功したが、フレッドは奥さんと3人の小さな子供を放り出すことができずシカゴに残ったと言っている。 家族思いがミュージシャンとしての成功を妨げたわけだ。

だが、1983年にVelvet Loungの経営権を手に入れてからはここでのライブを始め活発な録音を行い、30枚弱のCDを残している。 2009年に80歳の誕生日を記念したCDをリリースし、翌年2010年6月に亡くなっている。
生涯ジャズ・マン、充実した人生は羨ましい限りだ。



【今日のぶつぶつ】
最近の家電はよくしゃべる。
風呂の給湯器は「お風呂が沸きました」
カーナビは「自宅に着きました」

洗濯機は「汚れが激しいです、誰の下着ですか」
掃除機は「まだ隅の方の掃除が済んでいません、手抜きしてはいけません」
うるさい!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン