The FLAIL

THE FLAIL "Live at Smalls" ★★★
Label: Smalls Live SL-0020 CD
Date: Oct. 8&9 2010
Personnel: Dan Blankinship(tp), Stephan Moutot(ts), Brian Marsella(p), Reid Taylor(b), Matt Zebroski(dr)
Music: Mr. Potato Bass ,Better Watch What You Wish For, A Sunny Day in Mongerville, Light at the Beginning of the Tunnel, Long Neck Beast, Open Wound, Were Not Out of the Woods Yet, Under the Influence of Stereolab
Tag: other_group


聴いていて眠くなる音楽は良い音楽だと前にも書いた。 最後の曲”Under the Influence of Stereolab”、チャチャチャの軽いリズムに乗った曲で目覚めた。

Smalls Jazz Clubでのライブをリリースするレーベルからの20枚目のアルバムだ。
THE FLAILというユニットは2002年に1stアルバム'Live in France'をリリースしているので10年も活動していることになる。 特に目立ったメンバーはいないが、すべてオリジナル曲でメンバー全員が曲を提供しいる。 そのためか変化に富んだ曲の並びがなかなか楽しい。
個人的なベストは4曲目の”Light at the Beginning of the Tunnel”、唯一フリーキーに走る曲だが適度な調和を保っており聴き易い。 

SMALLS LIVEのカタログにはDavid SchnitterやJesse Davisの名前がクレジットされている。 期待できそうなレーベルだ、注目していこう。



【今日のぶつぶつ】
このペースだと目標の1,000タイトルには5年ほど、
本文以上に「今日のぶつぶつ」は苦しい。

この先、どうなることやら、
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_group

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン