Matthias Lupri

Metalix ★★★★
Label: Summit DCD 445 CD
Date: Aug. 7,8,9 2005
Personnel: Matthias Lupri(vib), Myron Walden(as,ss,b-cl), Donny McCaslin(ts,ss,a-fl), Nate Radley(gu), Thomas Kneeland(e-b), Jordan Person(dr)
Music: Metalix IV Prelude, Wondering & Wandering, (another) Lost Creek, Still, (Still) Lingering, Glass Stairs, Metalix, Metalix Abstract, Dream Nocturne, Ghost Clusters, Lonely Interlude, Flowers for Mary Jane, TD Vibe Intro, Time Design, Wondering & Wandering Reprise, Metalix Deja Vu.
Tag: other_vib


ヴァイブを紹介する機会は少ないのですが、素晴しいミュージシャンが沢山います。
今日紹介するマティアス・ルプリは若者世代ではピカイチではないかと評価しています。

マティアスはドイツ生まれのカナダ育ちで、ゲイリー・バートンを聴きジャズに目覚め、バークリーではバートン本人に習ったそうです。 今では売れっ子ヴァイブ奏者となり、"Transition Sonic"(Mark Turner & Cuong Vu)、"Same Time Twice"(Mark Turner, Kurt Rosenwinkel, Reuben Rogers and Greg Hutchinson)、"Shadow of the Vibe"(George Garzone)など人気ジャズマンを従えたCDをリリースしているので多くのファンが耳にしているはずなのですが日本での人気はまだまだ、どうしてでしょう?

マティアスのヴァイブは、「ミステリアスで清涼感がある」との表現がピッタシカンカン、これまでにない世界を切開いてくれそうな予感がします。

このCDは短めの曲が12曲も並んでいますが、一気に聴き通せる統一感はマティアスのリーダシップによるものと言えるでしょう。 マイロン・ウォルデンとドニー・マッカスリンのリードが実にクールな演奏だし、ギターのNate Radleyの好演も見逃せません。

これが3枚目の購入ですが、どのCDもレベルが高くマティアスのセンスの良さが光ります。



【今日のぶつぶつ】
布団の上に毛布をかけた方が保温力に優れると聞き実践しましたが実感なし。
本当なの?
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_vib

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン