Barbara Carroll

Barbara CarrollSentimental Mood ★★★★
Label: Venus TKCV-35368 CD
Date: Sep. 23&24 2005
Member: Barbara Carroll(p), Jay Leonhart(b), Joe Cocuzzo(dr)
Music: Lady Be Good, Autumn In New York, You'd Be So Nice To Come Home To, Here's That Rainy Day, Fly Me To The Moon, Last Night When We Were Young, On A Clear Day, My Funny Valentine, In A Sentimental Mood, Yesterdays, I Guess I'll Have Go Change My Plan, As Long As I Live
Tag: kb_piano

寺島靖国氏のライナー・ノーツはこう始まる。 「実は私はいま、嬉しい気持ちでこの文章をしたためている。」 嬉しさの真意は違うかもしれませんが、私もこの紹介を同じ気持で書いています。

このCDは数年前に評判となったもので、今頃何だと叱られそうですが、中古買い中心なので許して下さい。

名前を明かさずにこのCDを聴かせたら、ほぼ中高年全員が「この若手やるな、ジャズ本流のこのような演奏は最近の若い奴にはできない...」とコメントするに違いない。 78歳の婆さんの演奏だと誰が思うでしょうか。 指運の乱れもなく力強い、それ以上に感じるのが溢れ出る若さだ。 明るく楽しく明日に向かった演奏だ。 気持が塞いだ時に聴くと元気になること請合いだ。(私には不要ですが)

最近のピアノ・トリオはあまり好きではありませんが、このトリオはバランスがしっかりしてジャズ・ピアノ・トリオのお手本です。 ベースのJay Leonhartの太い音が全体を支え、ドラムのJoe Cocuzzoが横から支えるといった具合だ。 二人の支えの上に乗って安心し切ったBabaraが気持ちよく踊っています。 時の激しく、時に緩やかに。 ギックリ腰に気をつけて!

二曲で唄っているのは、ご愛嬌!



【今日のぶつぶつ】
昨日は異常に寒かった。 もう直ぐ6月だというのに。 庭の毛虫もキャタピラを縮めて2/3の長さに。 
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン