Lambert, Hendricks & Bavan

lambert_hendricks_Bavanat newport '63 ★★★
Label: RCA LPM-2747 LP
Date: Jul. 5 1963
Personnel: Dave Lambert(vo), Jon Hendricks(vo), Yolande Bavan(vo), Gildon Mahones(p), George Tucker(b), Jimmie Smith(dr), Coleman Hawkins(ts), Clark Terry(tp)
Music: One O'Clock Jump, Watermelon Man, Sack O' Woe, Deedle-Lee Deedle- Lum, Gimme That Wine, Yeh-Yeh!, Walkin', Cloudburst
Tag: vocal_group


このグループはいつ聴いても楽しい。 3人が三者三様で歌っているようで綿密に絡み合って進行する。
Lambert, Hendricks & Rossとして1957年に結成され1962年にArnie Rossが健康と個人的問題で退団するまで続いた。 この後、Annie Moss(録音は残されているのだろうか)が短期間加わり直ぐにYolande Bavanに替わりグループはLambert, Hendricks & Bavanとして存続したが、 HendricksとBavanの馬が合わず1964年には解散している。 その後1966年にはLambertが交通事故で亡くなってしまった。

このアルバムは、Bavanとなって”Live At Basin Street East”に続く2枚目、バックにはギルド・マホーネスのピアノ・トリオに加えてコールマン・ホーキンスとクラーク・テリーという大物が加わり豪華な編成となっているのだが、L-H-Bに集中できず少し散漫となっている点が悔やまれる。
RossとBavan、個人的にはどちらも甲乙付け難い良さがあると思う。
BavanにはRossのような切れはないが、その分ほんわかした親しみがあって捨て難い。

マンハッタン・トランスファーやポインター・シスターズへの影響が指摘されているが、斬新さという点でこのグループを超える存在は永遠になさそうだ。



【今日のぶつぶつ】
確定申告の書類作りに半日も取られてしまった。
その上、追加の支払いが...(とほほほ)

税務署、払うから取りに来い...(そんなこと言いません)
国民の一人としてしっかり納税させていただきます。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_group

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン