Rolf Kuhn

Rolf KuhnAs Time Goes By ★★★★
Label: Blue Flame 40292 CD
Date: Apr. 1989
Personnel: Rolf Kuhn(cl), Joachim Kuhn(p), Detlev Beier(b)
Music: Film, Spontaneous Construction, When I Fall in Love, Well I Didn't, As Time Goes By, Speed of Speech, Conclusion
Tag: woods_clarinetto


tam.raのレコード・リストには次のクラリネット奏者が載っている。(Dolphyはバスクラで別扱い)
  John Carter
  Buddy De Franco
  Arne Domnerus
  Jimmy Giuffre
  Woody Herman
  Theo Jorgensmann
  Rolf Kuhn
  Aaron Sachs
  Tony Scott
  Putte Wickman
10人という少なさがクラリネットがマイナーな楽器であることを証明している。 この中から好きなミュージシャンを選ぶとジョン・カーター、ロルフ・キューン、そしてジミー・ジュフリーの3人となる。

今日はその中の一人、ロルフ・キューンだ。
数年前に《ROLF KUHN生誕80年アニヴァーサリー・エディション》と銘打って1962年から1978年の作品をデジタルリマスター化した5枚のCDがリリースされたが未だに認知度は低いまま、ジャズ・ファンを自称する皆様耳をかっぽじって聴いて下さい。
 
このアルバムでの圧巻は何といっても20分に及ぶ長尺”Spontaneous Construction”だろう。 タイトルからも分るように3者がグイグイと絡み合って音となって溢れ出し曲となる、アドリブの連続でジャズではあるが現代音楽を聴いているようにも思える。

ロルフ・キューンは昔から上手いのだが歳を重ねるにつれ美しく研ぎ澄まされてきている。 技術重視のクラシックの世界に入っても引けを取らないテクニックの持ち主、クラリネットという地味な楽器の最高峰のプレイヤーがロルフ・キューンなのです。 クラシック・ファンにも聴いて欲しい一人です。



【今日のぶつぶつ】
今日は奥多摩のさらに奥にある山梨県東部の丹波山村までドライブ、先週のNHK番組「キッチンが走る」で自然に近い環境で栽培している舞茸があると聞いたからだ。

あるわけ無いよね。
収穫は村の婆さんが作った饅頭、最後の6個を買占めて帰宅。
疲れました。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : woods_clarinetto

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン