Matthew Halsall

Matthew HalsallColour Yes ★★★
Label: Gondwana 003 CD
Date: Jan.9 Jun 12,14 2009
Personnel: Matthew Halsall(tp), Nat Birchall(ss,ts), Adam Fairhall(p), Gavin Barras(b), Gaz Hughes(dr), Marek Dorcik(dr2), Rachael Gladwin(harp)
Music: Colour Yes, Together, I've Found Joy, Mudita, I've Been Here Before, Me And You
Tag: brass_trumpet


昨日取上げたメーナード・ファーガソンと同じ楽器と思えないトーンのマシュー・ハルソール、英国マンチェスター出身、6歳でトランペットを手にし14歳で世界ツアーに出た早熟のミュージシャンのようです。

アルバム・タイトル”Colour Yes”と違ってモノ・トーン、似たトランペッターは見当たりません。 そしてこのグループ、どの楽器も押さえたトーンに統一され、クール派のミュージシャンのような感じを受けます。(本質はまったく違いますが)

トランペッターがリーダとなっているアルバムですが、個人的にはサックスのナット・バーチャルを推します。 さらっとしたコルトレーンといった感じのソプラノとテナーは座禅を組んだ境地を思わせます。

この二人、2009年から2012年にかけて次の7枚をGondwana Recordsレーベルから交互にリリースしています。

GOND001 - Matthew Halsall - Sending My Love
GOND002 - Nat Birchall - Akhenaten
GOND003 - Matthew Halsall - Colour Yes
GOND004 - Nat Birchall - Guiding Spirit
GOND005 - Matthew Halsall - On The Go
GOND006 - Nat Birchall - Sacred Dimension
GOND007 - Matthew Halsall - Fletcher Moss Park

ひっくり返るような名盤ではありませんが、じっくりと良さが伝わってくる好アルバムです。 音量を上げて初めて良さが伝わってくる盤です。



【今日のぶつぶつ】
携帯電話に発信者不明の着信が残されている場合がある。
電話番号だけが残されているが、返信すべきか?
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン