Larry Flahive

Larry FlahiveStandard Flay ★★★
Label: Sea Breeze SB-2020 LP
Date: Nov. 26-27 1983
Personnel: Larry Flahive(p), Jim DeJulio(b), Donald Bailey(dr) with Jackie Rae(vo)
Music: The Lamp Is Low, Go Away Little Girl ,The Second Time Around, The Good Life, I Hear A Rhapsody, A Sleepin Bee, The Carnival, Lollipops And Roses, My Shining Hour, All The Things You Are
Tag: kb_piano


ビリー・テイラー並みに巧いピアニストLarry Flahive、本作の他にはJim DeJulioとの双頭コンボでリリースした”Century City Blues”(SB 2036)しかリーダ・アルバムは出していない。 2枚ともSea Breezeというマイナーレーベルから、有名になりようがなく、”二流ジャズの愉しみ”にピッタリな人です。 

tam.raも初遭遇、記事を書くにあたりウェブを探しまくったがほとんど情報がない。(本人のHPにあるBiographyにもDiscographyにもろくな情報がない) The Department of Music at UC Riversideでピアノ教師をやっている他、自分のラウンジ・グループを率いて南カリフォルニアで演奏しているそうです。 今度行ったら聴いてみたいものです。(その機会はまず無さそうですが)

このレコード、トリオでの演奏に加え二曲に入っているボーカルJackie RaeはLarryの奥様とか、感情が出すぎるきらいがあり、ちょっとLarryのピアノには合わない、と思ったら今の奥様はAmandaに変わっていた。



【今日のぶつぶつ】
ムッウ..ムムゥ..ウフーううう.....
明日からまた1週間仕事だァ..
ブヒュー.プヒャ..グュピ..アゥ........
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン