Karen Egert

Karen EgertLet's Get Lost ★★★
Label: Karen Egert productions KE1140 CD
Date: 2003
Member: karen Egert(vo), Matt King(p), Dave Richards(b), Pete MacDonald(dr), Anton Denner(fl,ts)/ Tony Monte(p), Linc Milliman(b), Bob Ackerman(ts)
Music: You'd Be So Nice To Come Home To, Let's Get Lost, No More Blues, Skylark, Wait Until I'm Through With You, Evertime We Say Goodby, I'm Checking Out Goom-Bye, Please Go Away, Too Close For Comfort, How Long has This Been Going On?, Just One Of Those Thing, If You Could See Me Now, Joy Spring, Daydream
tag: vocal_female

プライベート・レーベルをNORMAがライナーを付け販売したものである。 魅力的なジャケットと、「エレガントでセクシー、その歌唱力と魅力あふれるデビュー作」とのライナー・タイトルに負け買ってしまった。 だが、自分の感性の弱さか、そういう感じがしない。 それではどんな感じかと云うと、頑張って真面目に歌うことに集中して来ましたっていう感じで、寂しくても顔に出さない、そんなタイプです。 全く歌に対するコメントになっていませんが...

音程の安定感があって安心して聴けるのだが、吸い込まれるような魅力があるかと云われるとそれほどでもない、だがダメかと聞かれるとそんなこともない、説明が難しい。 ”Skylark”や”Everytime We Say Goodbye”などは鼻にかかった声に惹かれるものはある。 長い間付き合うと味が出てくるタイプかもしれない。 これを書きながら聴き進める内に、段々と良くなってきた。 さらに★0.5プラスしよう!




【今日のぶつぶつ】
日本はどうなってしまうのだろうか? 若い人達は本当に不安だろうな、投やりに成らなければ良いのだが。 皆、自分が良い世の中にしてやろうと少しだけ努力すれば大きな力となるに違いない。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン