Mark Colby

Mark ColbyTenor Reference ★★★★
Label: Hallway CD9711 CD
Date: 2001
Personnel: Mark Colby(ts), Rob Parton(tp), Vince Maggio(p), Eric Hochberg(b), Bob Rummage(dr)
Music: Beautiful Love, Blues of a Kind, My One And Only Love, Softly as in a Morning Sunrise, Riley's Thang, Bloom's Thang, Bar Room Ballad, Sabra
Tag: brass_tenor


勉強不足で初めて聞く名前でしたが、このジャケ写真から内容の良さを確信しての購入。 ピッタしカンカン。 この人のテナーは一音一音が強く切れがあり、最近では少ないストレートアヘッドなハード・バップ・ジャズ。 これぞジャズの王道です。

マーク・コルビー、メイナード・ファーガソンのビッグバンドでディレクタを勤めソリストとしても聴くことができる他、Frank Sinatra、Tony Bennett、Bob James、Jaco Pastorius、Arturo Sandoval、Ramsey Lewisなどの録音に参加している。 この経歴を見るとフュージョン系かと思わせるが、切れの鋭いジョニー・グリフィンといったところだ。 Marchel Iveryを思い出した。 6枚のリーダ・アルバムを出してはいるが、シカゴでスタジオ・ミュージシャンとして生計を立てている。

シカゴにあるJazz Showcaseでのライブで、回りのメンバーは皆無名だが実力は超凄だ。 トランペットのRob Partonはビッグバンド中心の活動で名の知れた参加アルバムは”Eden Atwood Today!”だけだし、ピアノのVince Maggioはマイアミ大学の音楽教授としか分らない。 何で? この力量があるのに勿体ない、許せない!

どの曲も素晴しい出来ですが、途中からアップテンポとなるSoftly as ...はマークのテナーに痺れるし、それに続くBloom's Roomはホレス・シルバーを想起させるマーチ風の楽曲、ここではトランペッターのRob Partonが加わりハイノートが突き刺さる。 アレン・ハウザーのNo Samba(Straight Ahead ARS001)を越える名盤として後世に聴き継がれる1枚となるでしょう。

このCDは音を大きくして聴いて欲しい。



【今日のぶつぶつ】
原発反対のデモが盛り上がっている。
他のエネルギー源の割合を増やして行くことにはtam.raも大賛成だ。

だが、科学や技術と人間の関係を考えたとき、どうすれば良いか分らなくなる。
自動車事故での死者はこの10年ほどで半減しているが今でも年間5,000人弱の方が亡くなっている。
だが、「自動車を無くせ、自伝車、徒歩、電車があるではないか!」とは誰も言わない。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

でも原発は住む所まで奪います
私はオーバーな事を言えば、
人間の奢りがひいては人間が生きる事も出来なくさせるのでは?
と気になります。
それは1000年後かも、何万年後かもしれないけど
そうならなkればいいな~、と願っています

Re: こんばんは

iriさん、こんばんは

このあたりの問題は人それぞれ感じ方が違うので、
一意に決め付けることは出来ないでしょうね。

長期的に考えた場合、温暖化問題は変化が少しづつ
なので感じ難いのですが、原子力以上に大問題では
と思っています。

少しだけ不便になって、少しだけ貧しくなって、
その分を未来に投資する、そうなって欲しいものです。
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン