Page Cavanaugh

Page Cavanaughmusic for the COCKTAIL HOUR ★★★
Label: craftsmen C-8037 LP
Date: 1957
Personnel: Page Cavanaugh(p,vo), Al Viola(gu), Lloyd Pratt(b)
Music: Nobody's Sweetheart, The Way You Look Tonight, My Ideal, Moonlight On The Ganges, Two Sleepy People, Junior Hop, Something In The Air, Cuckoo In The Clock, Lazy Lover
Tag: vocal_male


ペイジ・キャヴァナーを知ってる人は少ない。

1922年カンサス生まれ、10代でプロとしての活動を始め20歳でロスに移住、第二次世界大戦に従軍後ナット・キング・コール・トリオをイメージしてAl Viola、Lloyd Prattと組んでトリオを結成した。 甘いボーカルで人気を博し、多くの映画やフランク・シナトラのラジオ・ショーで活躍した。 ドリス・デイの初映画“Romance on the High Seas”(1948)や“Big City”、“Lullaby of Broadway”などに出演した。 また1990年代まで南カリフォルニアのナイトクラブで活動を続け、2000年以降も何枚かのCDもリリースしたが2008年に亡くなった。

ジョー・ムーニー、ナット・コール、マット・デニス、ボビー・テゥーループなどと並び称されるが、今となっては一番知名度の低い存在となっているのではなかろうか。 演奏は”Page Cavanaugh Trio - The Three Bears”とほぼ同じなので聴いてみて下さい。 もう一つ、歌伴で”Doris Day ‐ A Load of Hay”はどうでしょう。 素敵ですね! 

こういうジャズも、寛げますね。 ギターのアル・ヴィオラがフィーチャされておりペイジ同様楽器の演奏レベルの高さを見直しました。 ジャズ・ギタリストのヴィオラは再評価が必要です。

ここまで書いてなんですが、ペイジ・キャヴァナーを知ったのは2年ほど前のこと、Lauren Kovalの”No Complaints, No Regrets”(3つ目の記事)で惚れ込みました。



【今日のぶつぶつ】
一ヶ月ほど前にラーメン屋がオープンした。
今日前を通ると想定通り、閉まっていた。

人通りの少ない道に客が並ぶ光景、
何を考えてのオープンだったのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン