Gary Bartz

Gary BartzSHADOWS ★★★
Label: Timeless SJP 379 CD
Date: Jun 11,12 1991
Personnel: Gary Bartz(as), Willie Williams(ts), Benny Green(p), Christian McBride(b), Victor Lewis(dr)
Music: Marion's Theme, Shadows, Song Of The Underground Railroad, Peresina, How Do You Keep The Music Playing, Children Of The Night, Holiday For Strings
Tag: brass_alto


ゲイリー・バーツはtam.raがジャズを聴き始めたころ絶好調で、Ntu Troopでお世話になりました。 以降ほとんど聴く機会がありませんでした(フュージョンに走ったから)が、90年代初期の本アルバムは直ぐに耳に馴染にました。

3曲目 ”Song Of The Underground Railroad”、やけにコルトレーンっぽく吹くなとアルバムを見ると何とコルトレーンの曲、”地下鉄の歌”(注参照)なんて作曲していた? 早速調べると ”Africa/Brass”(Impulse)のComplete Sessionsとして再発された盤に収録された曲だ。 上品なベニー・グリーンのピアノもマッコイ化しているのが可笑しい。

続く”Peresina”はマッコイの曲でいかにもマッコイを思わせる。 これは ”Expansions”(Blue Note)からの一曲だ。 そして6曲目 ”Children Of The Night”はジャズ・メッセンジャーズ名義のアルバム ”MOSAIC”(Blue Note)からでウェイン・ショータの曲だ。(ライナーはマッコイ・タイナーと誤記)
こう見ていくとミュージシャンの経歴とか好みが窺え面白いですね。 

このアルバムで見逃せないのがバックのトリオの頑張りだ。
確実なリズム、アクセントを付けるクリスチャン・マクブライトとビクター・ルイスが大いに効いている。 その上を行くのがピアノのベニー・グリーン、 ”Holiday For Strings”でのアップテンポなソロを聴くと、この人の評価を「中の下」から「上の中」へと見直さなければいけない。

このトリオで一枚お願いしますと言いたくなる。

注:地下鉄道(Underground Railroad)は、19世紀アメリカの黒人奴隷たちが、奴隷制が認められていた南部諸州から、奴隷制の廃止されていた北部諸州、ときにはカナダまで亡命することを手助けした奴隷制廃止論者や北部諸州の市民たちの組織。(Wikiより)



【今日のぶつぶつ】
今日で大型連休も終わり、ブログ9連発も約束通り達成。
「有意義な休みでしたか?」と問われると返事に詰まるが。

そうだ、よい事が1つあった。
CD500円均一で12枚一挙買いした。(この記事のCDもその一枚)
この店、極秘扱いです。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_alto

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Gary Bartz】

SHADOWS ★★★Label: Timeless SJP 379 CDDate: Jun 11,12 1991Personnel: Gary Bartz(as), Willie Williams(ts), Benny Green(p), Christian McBride(b), Victor Lewis(dr)Music: Marion

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン