Cy Touff

Cy TouffTouff Assignment ★★★
Label: Argo LP641 LP
Date: Aug. 28&29 1958
Personnel: Cy Touff(bass tp), Sandy Mosse(ts), Eddie Higgins(p), Bob Cranshaw(b), Marty Clausen(ds)
Music: Soulsville, Cyril's Dream, How Long Has This Been Going On, Kissin' Cousins, Keeping Out Of Mischief Now, I Let A Song Go Out Of My Heart, Lamp Is Low, Touch Touff
Tag: brass_trumpet


「サイ豆腐」ではありません。 本名Cyril James Touff、サイ・タフと読みます。

斬新なジャケット、1958年と云う時代だからできたデザインでしょう。 以前に一度手に取ったことがありましたが傷盤で諦めた一枚、今回は良いコンディションの一枚に巡り合いました。 ずっと願っていれば、いつか出合えるって本当です。

全体的に軽い乗りのウェスト・コースト・ジャズといったところで、ArgoよりPacificが似合います。 サイが操るバス・トランペットという楽器は初めてですがトロンボーンのような音がします。(ウディ・ハーマンではトロンボーン・セクションで吹いていた) この人は、シカゴのウェストコースターと呼ばれているようです。

ハーマン・バンド繋がりで知ったサンディ・モス(オランダ人女性と結婚しアムステルダムへ移りジャズの中央から消えた)がフロントの一方を張っている点も見逃せませんが、エディ・ヒギンスのピアノが何と言っても魅力的です。 Venusレーベルが取上げていた末期とは大違いで、若々しくスウィングするバップ・ピアニストそのもの、エディはVenus以前の録音が少なくどれもマイナーで入手困難な点が残念です。 そして、ボブ・クランショウの重たいベースも忘れてはいけません。



【今日のぶつぶつ】
Jリーグは百年構想を掲げている。
日本人が最も不得意とするビジョン、迷子に陥っている現在の日本には30年先のビジョンを掲げる必要がある。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_trumpet

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン