Dave Pell

dave pell 2plays Rogers & Hart ★★★
Label: KAPP KL-1025 LP
Date: 1954
Personnel: Dave Pell(ts,b-cl), Don Fagerquist(tp), Ronny Lang(bs,fl), Ray Sims(tb), Toni Rizzi(g), Donn Trenner(p), Rorry Bundock(b), Bill Richmond(ds)
Music: Why Do You Suppose?, Have You Met Miss Jones?, You are too Beautiful, Mountain Greenery, A Ship Without a Sail, Blue Room, I've Got Five Dollars, Sing for Your Supper, It Never Entered my Mind, The Lady is a Tramp, Spring is Here, Ten Cents a Dance
Tag: brass_tenor


今では忘れ去られてしまっているデイブ・ペル。
1944年、18歳でビックバンドに加わり活動を開始、1947年にはレス・ブラウンのバンドに移りテナーの花形奏者となったが1955年にはトランペッターのDon Fagerquistと飛び出してDave Pell Octetを結成、ウェスト・コーストで人気となり一世を風靡したそうだ。

30枚ほどのリーダ・アルバムをリリースしているが、興味があるのはKAPP Recordsから出された3枚だけ、これは気に入っている。 本アルバムの他の2枚は次の通りだ。

Dave Pell Plays Irving Berlin, Kapp KL-1036
dave pell 1
これは3枚目、ジャケットがそっくりで、何人か変わったメンバーの写真を入替え、色を赤から青に変えただけ。(ジャケをクリックすると大きくなります)
内容的にも全く同じ。

Dave Pell Plays Burke & Van Heusen, Kapp KL-1034
dave pell
こちらが2枚目、このジャケットはFreshSound盤でオリジナルとは違うのだが、同じ写真を縦に並べ、ルーシー・アン・ポークの写真を大きくして、ファンの心をくすぐっている。
この盤は持っていないが、Trend盤を持っているので不用だ。
ルーシーちゃん、めちゃくちゃ可愛い&%#”’=


どの盤にも共通している点は、何度聴いても気持ち良くなるアンサンブル、ジャズはアドリブだと思い込んでいた昔が恥ずかしい。 このバンドのミュージシャンは玄人好みの人が多く有名ではないが皆上手い。 ドン・ファガーキストのトランペット、ロニー・ラングのフルート、そしてトニー・リッツィのギターが聴き所だ。



【今日のぶつぶつ】
サッカーのユニフォームは縦縞が多いのに対し、ラグビーでは横縞が多い。
気のせいだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン