Alain Mion

Alain MionAlain Mion in New York ★★★
Label: ELABETH ELA 621019 CD
Date: May 4,5 1992
Personnel: Alain Mion(p,vo), Marc Johnson(b), Tom Rainey(ds), David Binney(as)
Music: Monts, Levallois, A dolphin game, Yellow cab nite blues, Jean, Tivoli, Un gospel pour Dexter, Stand away, Godfather, One more blues, Coming back
Tag: kb_piano


手に取ったCDを購入するか、はたまたリリースするか、まずはジャケットが持つ雰囲気、次にメンバー、その次には選曲、そしてレーベル、最後に値段といった順に絞込みを行い決定する。 こう書き出してみると結構なステップと判断の末に購入していることが分るが正しい決め方なのだろうか。 これでは自分の殻を脱け出せず進歩できないように思われる。

このCDの場合、雰囲気、メンバー、値段がマッチした結果購入したのだが、外観からは窺い知れない点が2つあった。 一つは弾き語りが2曲入っていること、もう一つはデヴィッド・ビニーが3曲しか入っていないことだ。 もし事前に(p,vo)が分っていたら敬遠、手元に無かったはずだ。

歌だけ聴くとジャズっぽさはないのだが、ピアノ・トリオとサックスがバックに付くと立派なジャズ・ボーカルに変化する。 フランス語の男性ボーカル、何とも魅力的に響きアルバムの価値を高めている。  

手元のレコード・リストからフランス人ジャズ・ピアニストをピックアップすると、ミッシェル・サダビィ、ミッシェル・ペトルチアーニ、ジョルジュ・アルバニタ、マーシャル・ソラール、ジークフリート・ケスラー、ベルナール・ペイフェー...癖が少なくセンスの良いピアニストが並ぶ。
アラン・ミオンのピアノもそんな一人を思い浮かべてもらえば良い。

バックにしている年代物のトラック、リッター300メートルくらいは走るのだろうか?



【今日のぶつぶつ】
昔、モグラは地上に棲んでいたそうです。
ある時、野鼠との陣地争が勃発、戦いに敗れたモグラは仕方なしに地下に潜ったそうです。
しかし地下の生活は以外と快適、気温差も小さいし、敵も少ない。

モグラは地下モグラ世界でオスメスが出会い幸せな結婚、そして子孫を残しています。 その出会いは科学的に解明されていないそうですが。

モグラはモグラ、これはこれで良しとしよう!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン