Llew Mathews

Llew MathewsNathalie ★★★
Label: Videoarts VACY-1022 CD
Date: Oct. 7&8 1997
Personnel: Jackie McLean(as 1,5), Llew Mathews(p), Stan Gilbert(b), Albart Heath(dr)
Music: Dark Eyes, Take The A Train, Roundabout, Golden Earrings, My Funny Valentine, A Child Is Born, Unforgettable, Thoughtful, Girl Talk, Second Hands Smoke
Tag: kb_piano


ルー・マシューズ、聞いた様な名前だが新顔だ。
”featuring Jackie McLean”に惹かれての購入だ。
ジャッキー・マクリーンの真骨頂が聴けるのはやはり1960年代に録音されたBlue Note盤の数々、すべてがハイレベルなのだが、思い浮かぶのは”One Step Beyond”、”Daemon's Dance”、”Jacknife”、やはり全部だ。
1970年代となりSteeple Chaseに移ってからの録音は音が温く、往年の輝きからはほど遠い状況にあったがそれでも一流は一流、今聴くとなかなかの出来だ。

この録音は1997年、マクリーンは「Dark Eyes」と「My Funny Valentine」の2曲に参加、この人の音は聴いた途端にマクリーンだと判る、「腐っても鯛」とはこのことだ。(失礼しました。)

主役はルー・マシューズだ、またまた失礼しました。
録音当時既に52歳、ずーっと下積み生活で初リーダ作とのことだ。 悪くはないが、心を揺さぶる何かがあるかというと、そこまでのレベルには達していない。 アメリカには、こんなミュージシャンが大勢いるのだろう。



【今日のぶつぶつ】
バルセロナのサッカーは異次元だ。
あまりの強さに試合は詰まらない。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン