Enrico Pieranunzi

Enrico PieranunziLive in Japan ★★★★
Label: nihon soft service PTCJ-1001-02 CD
Date: 18-25 Mar. 2004
Personnel: Enrico Pieranunzi(p), Marc Johnson(b), Joey Baron(ds)
Music: (Disc1) Impronippo, How can you not?, If only for a time, Mio caro Dotter Grasler, Musashi, Improleaves (Disc2) Winter moon, Broken time, Tokyo reflentions, Nuovo cinema paradiso, Ninfa plebea, When I think of you, Improminor
Tag: kb_piano


トリオとしての完成度はピカイチ、エバンスの呪縛から完全に解き放たれたエンリコの世界を聴くことができます。
エンリコのアルバム群の中でもベストの1つに入れて良いアルバム、強く推薦します。

”エンリコ=買い”と判断してよいので、トリオのメンバーについてコメントしましょう。
ベースのマーク・ジョンソンはビル・エバンスとの相性の良さからこのトリオでも期待通り、ドラムのジョーイ・バロンが想定外でした。 ジョーイからはジョン・ゾーン、ティム・バーン、デイブ・ダグラスといった面々が思い浮かぶからです。 事実wikiにも、Avant-garde jazz drummerと紹介されています。 ですがここでのジョーイは違って、ピアノ・トリオに相応しいドラマー、切れがあってスコーンと入る抜群のタイミング、見直しました。

ブログを検索すると、何人かの方が奇声を張り上げるおじさん(1回は曲の途中、あと3回は演奏が終わった拍手に混じって)を強く批判していますが全く同感、緊張感のあるピアノ・トリオでは場が悪い、ドラムとかテナーのバトルなら未だしも、ジャズ・ファン(?)のあなた、退場です。

浜離宮朝日ホール、二子玉川アレーナホール、横浜赤レンガ倉庫1号館ホール、計5回からベスト・トラックを集めたと書かれていますが、どの演奏も差異のない良い出来なので、奇声おじさんが行かなかった1つのコンサートで固めても遜色ないアルバムができたに違いありません。 小となったのはおじさんのせいです。 反省しなさい。



【今日のぶつぶつ】
玄関のリフォームを思い立ちショールームへ行った帰り、”ニトリ”に立ち寄り枕を買った。
枕の好みは<硬め>で<高め>、いろいろ悩んだ末に「蕎麦まくら」2個を購入、二段重ねで寝るのだ。
今日はどんな夢が見られるのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン