相倉 久人

ジャズの歴史 (新潮新書)
ジャズの歴史

2007年2月19日 発行
著者 相倉 久人
出版社 新潮新書
本体価格 714


ジャズの本、数年ぶりに手に取りました。

帯の紹介文は以下の通り******************************************
書斎のジャズ、酒場のジャズ、演じるジャズに語るジャズ――ジャズって何だ? 百人いれば百通りのとらえ方があり、定義するのも難しい。奴隷制度から禁酒法、二度の大戦、黒人運動、ベトナム戦争、そしてポスト・モダン――。誕生からほぼ一世紀、アメリカ現代史とともに、ジャズは人種、文化の衝突と融合のなかで、自在にその姿かたちを変えてきた。
****************************************************************

アメリカの世相に絡めてジャズの歴史を紐解く、ふだんあまり耳にしないジャズの発祥からバップの誕生までの歴史は特に興味深いものがありました。

ラグタイム→ ニューオリンズ→ シカゴ→ カンザス・シティー→ スウィング→ ビ・バップ→ クール→ ハード・バップ→ ウェスト・コースト→ フリー→ モード→ ロフト→ フュージョン→ (→は必ずしも継続・連続を意味するものではなく、枝分かれしたり、特異点があったりしています)
ここまでで約100年の歴史です。

この20年ほどはスムース・ジャズ、新伝承派、クラブ・ジャズとジャズが溶解してしまったように思われますが、実はハード・バップとフリーの2つの流れが途絶えることなく続き今日のジャズに至っているのです。

一言にジャズと言っても人それぞれ、私にとってシカゴ・ジャズとフュージョンあたりが受け入れ難いジャズとなっています。

この本、星★★★★といったところです。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tam.raさん、今晩は。

本当はいくつか書き込みたいトピックがあったのですが書きそびれてしまいました。
私のペースより、うんと速いのであっと言う間に次の御題になっています(^^; 
私よりスローな人はいないか(笑)

実は、私の苦手なフィールドもディキシィーランド・ジャズです。
(これってシカゴ、ニューオリンズ系ですね)
何故かよく分からないけど、あの雰囲気があまり好きじゃありません。
でもフュージョンは大好きです。

今週は、用事でダウンタウンに行かねばなりませんでした。
せっかく行ったので中古LP屋でずっと探していた Frank Morgan をやっと
手に入れましたよ。with The Cedar Walton Trio " Easy Living" です。

なかなか良かったです。思ったよりも明るい軽いサウンドでした。
しかもお値段がたったの$4なんてこれまたびっくりでした。




Re: No title

まん丸クミさん、今晩は。
> 私よりスローな人はいないか(笑)

まん丸さんのブログは一件一件が深く、良くねられているので多く書くのは不可能でしょう。
人それぞれ、性格がでますね。

> 実は、私の苦手なフィールドもディキシィーランド・ジャズです。
> (これってシカゴ、ニューオリンズ系ですね)
> 何故かよく分からないけど、あの雰囲気があまり好きじゃありません。
> でもフュージョンは大好きです。

これがジャズの良さ、皆違う。
そんな中で話が合うと盛り上がる。
これが楽しい。

> 今週は、用事でダウンタウンに行かねばなりませんでした。
> せっかく行ったので中古LP屋でずっと探していた Frank Morgan をやっと
> 手に入れましたよ。with The Cedar Walton Trio " Easy Living" です。
>
> なかなか良かったです。思ったよりも明るい軽いサウンドでした。
> しかもお値段がたったの$4なんてこれまたびっくりでした。

復帰後まもない作品ですね。
$4、嬉しいような悲しいような。
長い間購入していると大まかな相場がつかめるのですが、この所LPの値段は一部
のレア盤を除くと下がり続けています。
ピーク時に比べると1枚の値段で2枚買える、最近はブログにアップできないほど
増えており、置き場所に困り始めています。

No title

どうもです。
私もつい10日ほど前に、ジャズギターリスト、パットマルティーノの自伝本Here and Now!を購入しました。彼はまだ現役でつい最近来日してたと聞いています。彼の生い立ちや若くしてフィリーでWillis Jackson(ts)やDon Patterson (org)との共演、NY(主にハーレム街)で27年間の生活などがとても詳しく綴られおります。後にある日本人女性との衝撃的な出会いそして結婚・・・などなどとても興味深く読んでしまいました。残念ながら、まだ和訳されていませんが、写真集をみると如何に彼が若い時モテモテだったか、よく分かります!私のようなどちらかといえば60年代以降のジャズが好きな人間にとってこの本は大いに参考になります。

Re: No title

kojitanさん、こんばんは

パット・マルティーノ、
Cobblestone、Museの時代がピーク、Prestige時代から一気にブレイクしたように思えますね。
その後は脳機能の障害とか、平凡なギタリストになってしまった様に聴こえます。
Here And Now!、レコードのタイトルのような本ですが、この辺りのことも書かれていそうで興味深い。

マルティーノは5本の指に入る好みのギタリストです。
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン