Equal Interest

Equal InterestEqual Interest ★★★
Label: OmniTone 12001 CD
Date: Aug. 2,3 1999
Personnel: Joseph Jarman(fl,as,etc), Leroy Jenkins(vl,viola), Myra Melford(p,etc)
Music: B'Pale Night, Rondo for Jenny, Over This / Living Music, Poem Song, In the Moment, The Beauty We Love, Everything Today, Apricots from Eden (Sourmaloui Jerk)
Tag: other_no-leader


3人を紹介しよう。

ジャズ・バイオリニスト、ステファン・グラッペリ、ジャン・ルック・ポンティ、近年では寺井尚子、レジナ・カーターくらいしか思い浮かばない。 だが、忘れてならないのがこのリロイ・ジェンキンス、そしてビリー・バングだ。 個人的にはビリーが一番、リロイが二番だ。 二人とも音が美しい。 リロイを聴くなら、Revolutionary Ensemble(Leroy Jenkins(vl), Sirone(b), Jerome Cooper(p))でリリースされた盤がお勧めだ。

ジョセフ・ジャーマン、ご存知の通りAEOCのメンバーとしてずっと活動して来た人だ。 AEOCのメンバーの中では地味な存在だった。 リーダ・アルバムも何枚かリリースしているが、決定打はない。(と思う)

最後になったがマイラ・メルフォード、藤井響子と並んで現在を代表する女性アバンギャルド戦士の一人だ。 メイラはセシル・テーラーの血を引くが優しい音がしてセシルほどエキセントリックでないし、藤井ほどヒステリックでないので聴き易い。 かなりの枚数のCDを出しているが日本での人気は高くない。 人気がないので中古盤は数百円、お金を落としたと思って一度買って聴いて欲しい。

このCDは、...
カカ様が入って来て「何、この頓珍漢な音楽、訳分らない、こんなチンチンとか鳴って気が休まらない。 これじゃノイローゼになっちゃう。」

このコメント通りかもしれない。

だが分って欲しい、3人とも真面目に一生懸命にやっているのだ。
そして素晴しいと感じる人もいることを!



【今日のぶつぶつ】
線路から50センチほどの距離、しかもほとんど一日中日が当らない場所。
まだ枯れるには早いこの時期に葉っぱの半分ほどが枯れ始めている。

雑草の名前は分らない。
線路から数メートル離れた場所にも同種の雑草が生えていたが、そちらは日が当る分幸せだ。

偶々種が風に吹かれてここに落ちた。
ただそれだけのことだ。
誰も恨むことは出来ない。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_no-leader

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン