David S. Ware

David S. WareBalladWare ★★★★
Label: THI 571732 CD
Date: Summer of 1999
Personnel: David S Ware(ts), Matthew Shipp(p), William Parker(b), Guillermo E. Brown(dr)
Music: Yesterdays, Dao, Autumn Leaves, Godspelized, Sentient Compassion, Tenderly, Angel Eyes
Tag: brass_tenor


最近ではフリー・ジャズの人気が落ちに落ちているようで、Desk Uniyonでさえ隅の隅の隅に追い遣っている。 残念で仕方ないが、この時代では受け入れてもらえないのだろう。

デビッド・エス・ウェアは1960年代に全盛期にあったフリー・ジャズを今も演奏し続けている偉い人だ。 人気とは無縁の世界で生き続けている。

ウェアのHPから簡単に経歴を紹介しておこう。

-----------------------------------------------------------------------
1949年生まれでロリンズの強い影響(想像し難いが)でジャズを始め、1973年にNYに移りセシル・テーラーのグループに加わり頭角を現す。 このグループでは”Dark To Themselves” (Enja)で若きウェアの超ホットな演奏を聴くことができる。 このグループで出会ったビーバー・ハリスに誘われ、”360 Degree Music Experience”に参加、同時期にアンドリュー・シリルのグループ”Maono”にも参加し3枚のアルバムで録音を残す。

1979年には1stアルバム、”Birth of a Being”をHat Hutよりリリース、1989年には本カルテットを結成(ドラマーはMarc Edwards、Whit Dickey、Susie Ibarra、Guillermo E. Brownと変わっている)し、20枚を越えるアルバムをリリースし続けている。(2008年以降、このカルテットでの録音がないので解散したのかも)
-----------------------------------------------------------------------

この可愛らしい犬のイラスト、タイトルはBalladWare、選曲には"Autumn Leaves”、 ”Tenderly”、 ”Angel Eyes”などが並ぶが、気軽な気持で手を出すと火傷する。 全曲静かなバラッドで構成されているが、良くあるBGM風のジャズを想像すると大間違い、深い深いジャズなのです。 フリーを聴かないジャズ・ファンにも聴いて欲しいし、このCDを機にフリーの世界に踏み入る切っ掛けとして欲しい。



【今日のぶつぶつ】
今日はお盆の入りでお墓参り。
お盆とは?という疑問でウェブを検索し、<盆踊りの世界>なるホーム・ページを発見。
このテーマに絞って広範囲で奥深い考察を展開していることに関心したが、内容以上にこのページを掲載している方(3名)に興味は向かった。
この拘り方は尋常でない。 ある意味、変人の集まりかも知れないが楽しそうだ。

そうだ、「二流ジャズの愉しみ」、内容に関らず10,000タイトルを達成したら尊敬に値するブログとなるだろう。
毎日書いて30年、無理だ。
取り合えず1,000タイトルを目指そう!
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_tenor

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン