George Russell

George RussellGuitar With Orchestra ★★★
Label: DOBRE DR1002 LP
Date: 1976
Personel: George Russell, Orchestra
Music: Easy Listening, In Laguna, Juju, I'll Walk With The Rain, Brazilian Bus, Bitter Blue, Hello, My Love, Talk'n' Talk'n' Talk, Tears, On The Mountain
Tag: string_guitar


分類するとイージー・リスニング・ジャズと呼ばれるジャンルに入るのだと思うが上等な作品。 決して一過性の軽いジャズでは終わっていない。

あのジョージ・ラッセル(”The Jazz Workshop”や”At Bethoven Hall”で有名なコンポーザ)がこんな録音を残していたとは! そんな筈ないと、調べました。

ウェブをあちこち調べると、
1.George Russell、動画でギターを弾く二十歳代の若者。 違う!
2.George H. Russell、自己顕示欲の強いテキサスの環境運動家。 違う!
3.George H. Russell、1919年生まれ1980年以降は天文学に注力し1995年に没。 違う!
4.George H. Russell、1919年シカゴ生まれ2008年に亡くなったギタリスト。
やっと見付ったが情報はほとんど無かった。

ジャズ・アルバムはこれだけか、他に2枚ほど録音を残しているようだが内容は不明。
1950年代後半にはMercury、Capitol、Columbiaでプロモータを勤め、シナトラ、ビーチボーイズ、プラターズなど錚々たるミュージシャンの録音に係わった。 
映画『拳銃無宿』でジョン・ウェインの相手役など、女優として1940-50年代に活躍したゲイル・ラッセルを妹に持つ。

このレコード、軽めのボサノバ調の曲を奏でるストリング・オーケストラをバックに、一音一音ハッキリしたガット・ギターの真面目な演奏、ギターはピュアなジャズで気持良いです。 ギター・トリオで1枚でも録音していれば評価は全く違っていた可能性のあるギタリスト、これも人生だ。



【今日のぶつぶつ】
今日は世話になった伯母の四十九日法要に参列、歳を取ると親戚一同が集まってワイワイやる良い機会となる。 これはこれで良いのだと思う。
お経をあげた後の坊さんのお説教、多くは面白くないが今日も四十九日法要の意味の説明、どうでも良いと思って他のことを考えていた。
宗教に程遠い多くの日本人が宗教のお世話になるのは結婚式と葬式、この2回だけだ。
キリスト教で結婚式を挙げ仏教で葬式を挙げる、最近はこれが大多数、
仏教で結婚式を挙げキリスト教で葬式を挙げる、一千万人に一人もいないのでは? 何故だろう?
これもどうでも良い話だ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : string_guitar

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン