Daryl Sherman

Daryi ShermanShe's A Great, Great Girl ★★★
Label: TOP Records Top1001 LP
Date: Mar. 20-22 1986
Personnel: Daryl Sherman(vo,p), Mike Renzi(p), Richard Sudhalter(cor), Dan Barrett(tb), Jay Berliner(gu), Jack Six(b)
Music: Between The Devil And The Deep Blue Sea, For You, For Me, For Evermore, Pretty World, Moon Ray, Moon Country, I'll Never Be The Same, The Naughty Lady of Shady Lane, Thinking Of You, I Can Dream Can't I, Through the Fire, It's A Pity To Say Goodnight, She's a Great, Great Girl
Tag: vocal_female


久し振りのボーカルです。

お茶目なジャケのダリル・シャーマン、初めて聴く名前で期待が高まります。
ベース・ソロで始まるイントロにワクワクしていると、ダリルの歌声が、いいね~

このレコードは”Freddy's Supper Club”でのライブ、拍手の数が数えられるほどの聴衆、にもかかわらず演奏の方は張り切っている。

1枚で消えたボーカリストかと思いウェブを検索すると、AudiophileとArborsから交互に10枚ほどのアルバムを出しており、見覚えのあるCDも何枚かあった。 CDだと手が出ないがLPだと買ってしまう、これは12インチ四方のジャケットの成せる業か。 このレコードはダリルの2枚目のリーダ・アルバム、20年以上の前の録音なので現在のダリルの声質やスタイルがどう変化しているか分らないが、このアルバムは典型的な白人ボーカルだ。 スローな曲を多く取上げているがアップテンポも面白そうだ。

バックの奏者で知られた人はベースのジャック・シックス(昔、デイブ・ブルーベックのところにいた)だけだが、ギターのJay Berlinerはテクニックもセンスも抜群、無名なことが信じられない。 DESK UNIYONのページに、”BANANAS ARE NOT CREATED EQUAL”(Mainstream)が唯一のリーダ・アルバムで大名盤、ミンガスのImpulse盤でデビュー、セッション畑の人だと紹介されていた。 勿体ないぞ!



【今日のぶつぶつ】
アリの引越しの行列に偶々愛犬アイラーがシッコを放出、何十匹かが溺れまいとモガイテいたが、後続のアリは迂回路を見つけたのだろうか。 見届けることもなく散歩を続けた。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : vocal_female

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン