Calvin Jackson

Calvin JacksonCAL-ESSENCE ★★★
Label: Raynote Records 3001-M LP
Date: May 12-13 1959
Personel: Calvin Jackson(p), Ted Hammond(b), Ralph Collier(ds)
Music: Cal Essence, Isnt It Romantique, You Are My Lucky Star, Estrellita, In A Mellow Tone, Fog, When The Lights Are Now, Dont Get Around Much Anymore, Satin Doll, My Funny Valentine, Mood Indigo, Ill Take Romance
Tag: kb_piano


カルビン・ジャクソンは10枚ほどのリーダ・アルバムを残しているが、話題に上る事はまずない。 1919年生まれで活躍時期は40年代から60年代、80年代にはサンディエゴに移り住みリタイヤ、1985年に亡くなっている。 MGMスタジオのミュージカル・ディレクターをやったり、トロントではテレビの人気者となり、地元のシンフォニー・オーケストラと共演してラフマニノフのThird Piano Concertoを演奏(このレコードでも時々クラシック・タッチの演奏が聴こえてくる)したり、ジャズ・ミュージシャン以外の活動も多かったようだ。

この人のピアノは明るくスウィングする軽めのピアノだが、真剣に弾いている箇所はフィーニアス・ニューボーン・ジュニアに匹敵する滑らかな演奏が聴ける。 もっと評価されても良い人だ。

このレコードのオリジナルはあまり見ない。 Raynoteというレーベル、調べたが良く分らなかった。 ハリウッドにあったレーベルで、オーナーRay Whitakerと技術ディレクターPaul Beaverにより革新的なレコーディグ手法”MUSICAL PERSPECTIVE”を用いて録音されたとか、努力の甲斐無くこの1枚だけで消えてしまったのだろうか。



【今日のぶつぶつ】
渋谷には「たばこと塩の博物館」がある。
昔パンティオン(東急のビルの名称)があった場所に建設中の高層ビルを見て思い出した。
あの脇道に日本回虫博物館」(人間に寄生する蛆のようなミミズのような軟体動物を集めた博物館)があったはずだ。
家に帰ってウェブで調べると記憶違いで「財団法人目黒寄生虫館」だった。
パンティオンの横にあった古いビルの何階かにあったあれは何だったのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : kb_piano

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン