Jeniffer Hall

Jeniffer HallJennifer Hall Meets... ★★
Label: SeaBreeze SBJ-3085 CD
Date: 2006
Personel: Jennifer Hall(bs), Terry Harrington(cl,ts), Tom Kubis(ss), Roger Neumann(bs), Carl Saunders(tp), Jack Sheldon(tp,vo), Josh Nelson(p), Dave Stone(b), Santo Savino(dr)
Music: Five Brothers, Elevation, Dragonfly, Apple Core, Festival Minor, Summer's Over, Rico Apollo, Line For Lyons, Walkin' Shoes, Rocker, Cat Walk, Bernie's Tune
Tag: brass_baritone


このような良くも悪くもない、そして特徴が少ないCDのレビューは難しい。

周囲から攻めよう。
ジャック・シェルドン以外は知らない人達だが実力は本物。 まずトランペットのカール・サンダーズ、線は細いが音は鋭い、昔デイブ・ペル・オクテットで活躍していたようだ。 次のお勧めはトロンボーンのスコット・ホワイトフィールド、ビックバンド畑が長く穐吉敏子ビックバンドに名前があった。 バリトンとトロンボーンの相性の良さを始めて認識できた。 この2人は聴き応えがある。

このCDは、もろウェスト・コースト・ジャズ、今の時代にこの演奏は違和感を覚える。
ジェニファーのバリトンは女性版ジェリー・マリガンそのものといった感じだ。
ジェニファーのバリトンは女性らしい柔かさ、男性奏者とは少し違った優しい音だ。
12曲中11曲がマリガンの作曲、徹底したマリガン賛美のアルバムだ。

これはこれで由としよう。



【今日のぶつぶつ】
鍵谷章先生:
非日常的悲しみを以ってコルトレーンの咆哮を聴くことでジャズが内なる世界から解き放たれるのだ。
この意味するところに真のジャズが意味を持つことを理解せずジャズを語ることは許されない。

一流大学の男子学生:
先生~、お話ちが理解できましぇ~ん。

鍵谷章先生:
ババババババ、バッ鹿者!
ジャズを聴く資格も力もないと云う事だ。
ドルフィーのフルートが暗黙の深みから表出して光を放っている。
ハイデッガーの複眼的思想を曼荼羅の世界から覗いてみたまえ。
解ったか、戯け物めが、ギュギュ~

三流大学の女学生:
先生、私も先生の話を理解できないわ!
70年代に行き詰ったジャズを救った「リターン・トゥ・フォーエヴァー」、
チック・コリアこそ救世主、万歳チック!

鍵谷章先生:
カワユイ~
カワユイ~
何ということだ。
あなたこそジャズの女神、ビーナスだ!
ドロシー・ドネガンの再来だ!
歌おう、血無知無チェリーだ!
万歳、コルトレーン!

恐ろしい会話でした。。。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : brass_baritone

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

私も3流?(以下)の学生なので(笑)
難しくて解かりませんが
何かニヤリの楽しいお話をどうもありがとうございます♪

ハイデッガーも難しいと聞いたのですが
何時か触れる事が出来る日があればな~と思います
一生届かないかもしれませんが(苦笑)

涙が出るほどの食べ物は今の日本ではナカナカ難しいかもしれませんね
以前もお話した、採れ立て新鮮な物でも現代では涙は出ないでしょうけど
でも涙が出るほどの食べ物に出会わない、私達は幸せなのか、贅沢なのかもしれない
と思います

Re: おはようございます

iriさん、こんばんは

クダラナイバカ話に付き合って頂き申し訳ない。

人間、贅沢になると心にも脂肪が付いて感動できなくなる、困ったものです。
この脂肪を除いてはるか昔の学生時代にあった感動を取り戻したい。
出来そうにありませんが。

この数日暑い日が続いており今日の熊谷は39.8℃とか、暑い暑いと言っていても
仕方がないので暑さは楽しいんだと思ってやり過ごすしかないようです。



> 私も3流?(以下)の学生なので(笑)
> 難しくて解かりませんが
> 何かニヤリの楽しいお話をどうもありがとうございます♪
>
> ハイデッガーも難しいと聞いたのですが
> 何時か触れる事が出来る日があればな~と思います
> 一生届かないかもしれませんが(苦笑)
>
> 涙が出るほどの食べ物は今の日本ではナカナカ難しいかもしれませんね
> 以前もお話した、採れ立て新鮮な物でも現代では涙は出ないでしょうけど
> でも涙が出るほどの食べ物に出会わない、私達は幸せなのか、贅沢なのかもしれない
> と思います
ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン