The Las Vegas Jazz Orchestra

The Las Vegas Jazz OrchestraThe music of Raoul Romero ★★★
Label: SeaBreeze SB-2031 LP
Date: Jul. 18,19 1983
Personel: Raoul Romero(cond,ss), Guest:Joe Farrell(ts), Carl Fontana(tb), Bobby Shew(tp)
Music: Baile Indio, Moon Trip, Tristesse, Conversation W/Rik, Fly-By-Night, Journey
Tag: other_orchestra


このビック・バンドを率いるラウール・ロメロはテキサス生まれ、1955年からラスベガスでオーケストラの一員としてレナ・ホーン、ジュディ・ガーランド、シナトラなどのバックで演奏した。 その後、1964-65年にはWoody Harmanに加わったが、再度ラスベガスに戻りビックバンドで活動を続けた。

そんなリーダのビッグ・バンドに、ジョー・ファレル、カール・フォンタナ、ボビー・シューがゲストに加わっているとのことで購入。

どの曲も同じような感じなので最後の一曲のみ、レビュー。

最後の曲”Journey”はラウールの思い出を綴った曲でトシコ・タバキン・バンドを思わせるイントロ、それに続いてラウールのソプラノ、Ron Feuerのピアノ、Roccky Lombardoのフリューゲルホーン、ここでやっとフォンタナのトロンボーンがソロをとるが控え目、そしてジョーのテナーが続き上手さは目立つが短い、ビッグバンドへのゲスト参加って前面に顔を出すのは失礼に値することなのかな?

ビッグバンドとしては可もなく不可もなし、といったとことだ。



【今日のぶつぶつ】
連休に出来たこと、その2:
自伝車にスムーズに乗れる様になったこと。
200メールとのダラダラ坂は未だ征服出来ていないが、途中で下車することにしたので足が痙攣することは無くなった。
今日、ママチャリの太目のお姉さんは抜かせたが、高校生風の若者には抜かれた。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : other_orchestra

コメントの投稿

非公開コメント

ジャズを聴いて110年

tam.ra


- tam.ra profile -
- sun.ra page -
- My Home Page -
2016年8月20日最終更新

ブログ内検索
最近こんなの買いました
皆様からのご意見
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
何人来てくれたかな
今何時?
投稿カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
投稿記事の分類
楽器別分類
ブログ友達
最後に Push !
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン